実は万病のもと!認知症にも深く関わる「慢性炎症」の基礎知識

年齢を重ねると誰でも、人の名前が思い出せなくなったり、もの覚えが悪くなったりします。こうした「もの忘れ」は加齢によるもので、心配することはありません。しかし、認知症は「老化によるもの忘れ」とは違います。少しでも早く発見して、いまよりも症状がひどくならないための対策が必要です。最近では、認知症の原因の一つとして「慢性炎症」が注目されています。そこで、慢性炎症の研究の第一人者で、大阪大学名誉教授の宮坂昌之先生にお話をお伺いしました。

たいへん! 体の中で、火事が起きています‼

認知症と深い関わりがある慢性炎症。実は、さまざまな病気を引き起こす"万病のもと"として、非常に注目されています。
「腫れや痛みが出る急性炎症とは異なり、慢性炎症はほとんど症状がありません。知らぬ間に進行して組織を破壊していくことから、"サイレントキラー"とも呼ばれています」と宮坂先生。

1911p050_01.jpg

そもそも炎症とは、細菌などの異物から体を守るために必要な防御反応。

炎症を起こすことで異物を攻撃し、異物が死滅すれば炎症もおさまります。

これは炎症を起こすアクセルと、炎症を鎮めるブレーキのバランスが取れているため。

ところが慢性炎症では、アクセルをずっと踏みっぱなしの状態に陥り、炎症が慢性化してしまいます。

「これは加齢などで溜まるアミロイドβたんぱくや尿酸などの物質が、周囲の組織に働きかけ、炎症を継続的に引き起こすため。長引く炎症が正常な細胞をも破壊し、小さなボヤが延焼して火事になるように、炎症が全身へと広がっていくのです」

●炎症は体を守るための反応です

急性炎症では、細菌やウイルスなどの異物が侵入してくると、E(炎症性サイトカイン)が炎症を起こして異物を攻撃。撃退すると、Y(抑制性サイトカイン)が炎症を鎮めてくれます。

1911p051_01.jpg

炎症を起こして異物を撃退!炎症性サイトカイン

1911p051_02.jpg炎症を鎮める"火消し役"抑制性サイトカイン

ところが、加齢・肥満・メタボ・高血糖・運動不足・ストレス・栄養不良・睡眠不足などが原因となり慢性炎症になると...

1911p051_03.jpg

1911p051_04.jpg

上のイラストのように、慢性炎症では、E(炎症性サイトカイン)の攻撃がいつまでも続くことで、Y(抑制性サイトカイン)による"火消し"が追いつかず、正常な細胞をも破壊してしまうのです。

原因は加齢のほか、肥満、運動不足、栄養不良、睡眠不足なども。

予防のために取り入れたいのが、定期的な運動です。

「運動により骨から出るオステオカルシンというホルモンが、認知機能を改善するともいわれています。ウオーキングやストレッチなど、適度な運動を習慣にしましょう」(宮坂先生)

●運動で予防しましょう!

1911p051_05.jpg

取材・文/佐藤あゆ美 イラスト/石坂 香

物忘れを防ぐ!特集『脳若返り健康法』その他の記事はこちら

 

<教えてくれた人>

宮坂昌之(みやさか・まさゆき)先生

大阪大学名誉教授。京都大学医学部卒業後、スイス・バーゼル免疫学研究所等を経て、大阪大学医学部教授を歴任。日本の免疫研究の第一人者。著書に『免疫と「病」の科学』(共著、講談社)など。

この記事は『毎日が発見』2019年11月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP