「目に良い4つの栄養素」を一品で!眼科医が薦める「にんじんのごまさばあえ」レシピ

外から入って来た視覚情報を正確に取り込む役割の「目」。目から得られた情報は、視神経を通して脳に伝わり脳で処理されます。しかし、目は加齢とともに見え方の質が少しずつ低下していきます。「緑内障」は10年ほどかけて少しずつ進行することがあります。自分では気が付きにくく、かなり進行してから受診する人も少なくないのです。ときには発見の遅れが治療効果を左右することも。
長年、目の治療を行っている眼科医の平松類先生に、目に良い栄養素とおすすめレシピについてお聞きしました。

毎日の食事に工夫を!目の不調の改善を目指す食材

pixta_47995587_S.jpg

私たちは毎日の食事で体に必要な栄養素を摂取し、それを血流によって全身に送っています。

目の毛細血管にも栄養素は届けられているのです。

目の症状で「物がかすんで見える」「目が疲れる」などの不調は、目に必要な栄養素をしっかり摂ることで改善できます。

毎日の食事で「目に良い4つの栄養素」を意識して取り入れましょう。

ルテイン

目の黄斑部に存在する成分。紫外線を吸収し、活性酸素を除去する。白内障予防にも有効。
 ・多く含む食材...にんじん、ほうれん草、とうもろこし、ブロッコリー、卵黄、ゴーヤー

アスタキサンチン

眼精疲労回復や目の老化防止に効果的。抗酸化力をもち免疫力を高めてくれる。
・多く含む食材...鮭、えび、かに、赤い海藻

DHA・EPA

血管にできた血栓を溶かし、血流を良くする。血流改善は目の不調にも効果的。
・多く含む食材...いわし、さば、まぐろ、鮭、イクラ、ぶり、さんま

β-カロテン

活性酸素を除去する抗酸化作用がある。緑黄色野菜に多く体内でビタミンAに変わる。
・多く含む食材...モロヘイヤ、ほうれん草、かぼちゃ、にんじん、わけぎ

β-カロテン、DHA・EPA、ルテインを一品で取れる「にんじんのごまさばあえ」

1910p053_01.jpg

材料(2人分)

にんじん...1本
塩...小さじ1/2
さば水煮缶...1缶(約190g)
白すりごま...大さじ3
酢...小さじ1

作り方

①にんじんは5cm長さのせん切りにする。
②塩をふって約5分おき、軽くもんで水けを絞る。
③ボウルにさばの缶汁をきって入れ、ほぐす。にんじん、すりごま、酢を加えてあえる。

取材・文/松澤ゆかり 調理:西山京子  撮影:沢木央子

特集「ほっとかないで!加齢で進む目の病気」のその他の記事はこちら!

 

<教えてくれた人>

平松類(ひらまつ・るい)先生

医学博士、眼科専門医。二本松眼科病院医師、昭和大学兼任講師、彩の国東大宮メディカルセンター勤務。著書は『緑内障の最新治療』(時事通信社)など多数。


e2ae5283a1e1b5a65a9680e44e864f7c651f89b2.jpg

『眼科医がすすめる 目の不調を感じたら毎日食べたい料理』

(平松類/KADOKAWA)

「目の不調を食べ物で改善する方法」を医師が教えてくれる話題の一冊。老眼、ドライアイ、緑内障、白内障、加齢黄斑変性症などの目の不調の原因の1つを「目の栄養不足」と捉え、「目の病気の原因」と、「それを改善するために必要な栄養素」、さらに「眼科専門医のお墨付きの料理」60種以上のレシピを紹介。巻末には便利な料理INDEXも付いた保存版です!

この記事は『毎日が発見』2019年10月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP