脂肪代謝を促す!腎を整える「カレー粉」の力とは?

「なかなか疲れが取れない」「体がだるい」という人は、腎(主に腎臓+副腎)が弱っているかもしれません。腎臓には、体の老廃物の排出や血圧のコントロールなど、全身の健康を司るさまざまな機能があり、働きが衰えると、「疲れやすくなる」「風邪をひきやすくなった」「むくみやすい」などの不調が起こりやすくなります。そこで「腎を整える」という点でおすすめしたいのが「カレー粉」です。

1906_p118_01.jpg関連記事:「背中&おなか周りスッキリの簡単ストレッチ「腕輪っか のぞき体操」」

 

カレー粉には多くのスパイスが使われており、病気や老化の予防・改善に役立ちます。特に腎の健康には、脂肪代謝を良くすることが大切。カレー粉に含まれるフェヌグリークは、糖尿病やメタボリック・シンドロームの予防・改善にも使われるスパイスで、脂肪代謝を促します。ウコンも体内の代謝を適切にし、尿疾患にも有効。コリアンダーやカルダモンは、排尿を正常にする働きがあります。


●腎に優しい摂り方
・サラダのドレッシングに少し混ぜて
・チャーハンの味付けに
・肉や魚の下味に
・野菜炒めに振りかけて
・そうめんのつけダレにひと振り
・ポテトサラダに混ぜる
・野菜スープにひと振り   など

 
取材・文/笑(寳田真由美) 撮影/西山輝彦 

 

 

<教えてくれた人>

菱川 望(ひしかわ・のぞみ)先生

岡山大学病院(脳神経内科)病院講師。西洋医学と東洋医学を融合させ、心と体の健康増進を支援する「スプリンカムプロジェクト」での講演活動にも注力。

 

運動指導

高橋依子(たかはし・よりこ)さん

カリフォルニア州(AUCM)認定アーユルヴェーダ医療(東洋医療)開業医資格、ヨーガ講師。菱川先生とともに、「スプリンカムプロジェクト」に取り組んでいる。

この記事は『毎日が発見』2019年6月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP