老化してにごると、白内障になるんです。「水晶体」の基礎知識

「白内障」という目の水晶体がにごってしまう病気をご存じでしょうか? 年間9000件以上の手術をこなす赤星隆幸先生によると、白内障は白髪のように「誰しもがなる老化現象」なのだそう。そこで、先生の著書『ビジュアル解説でわかる! 白内障手術のすべて』(赤星隆幸/KADOKAWA)より、白内障の基礎知識から、「50代から受けるのが最適」といわれる手術まで、抜粋してご紹介します。

水晶体の構造

hakunaisyo_003_025a.jpg

水晶体は、直径約9mm、厚さ約4.5mm
水晶体は、「嚢(のう)」というセロファンのように薄い透明な膜で包まれており、中央の硬い部分を「核」、周囲のやわらかい部分を「皮質」といいます。

また嚢の中の水晶体は、ほとんどが水と透明なたんぱく質で構成されています。

嚢部分は、角膜側が「前嚢」、硝子体側を「後嚢」といいます。

ピントを合わせるには、水晶体と毛様体の連携が必要

遠くを見るとき

hakunaisyo_003_025b.jpg毛様体が収縮すると水晶体が薄くなる

【近くを見るとき】

hakunaisyo_003_025c.jpg

毛様体が緩むと水晶体が厚くなる

白内障は水晶体のにごりです

光を屈折させながら、ピントを合わせて網膜に画像を映し出す役割を担う水晶体。

白内障とは、この水晶体が「にごる」病気です。

白内障はなぜ全員に発症するの?

目の中でもカメラのレンズにあたる水晶体の老化は、他の部位より比較的早く訪れます。

水晶体は本来透明ですが、加齢により、水晶体を構成するたんぱく質が変質し、にごることできれいに光を通さなくなっていきます。

この状態が白内障です。

一度にごった水晶体は元には戻せないため、加齢とともに白内障になる人が増えていきます。

水晶体の変化
水晶体のにごり方により白内障はタイプが分かれ、光の通し方も変わります。

hakunaisyo_003_026a.jpghakunaisyo_003_026b.jpg

白内障は進行性の病気です

白内障は、たいてい数年単位で進むために、なかなか悪化に気づきません。

しかし確実に進行していく進行性の病気なので、老眼が始まる年代となったら「白内障予備軍」と自覚しましょう。

ちなみに老眼は、本来弾力性に富んで水晶体の厚みを調節する毛様体が、加齢によって衰えることで、ピントを合わせづらくなる老化現象です。

hakunaisyo_003_027a.jpg

老眼は、毛様体の筋肉の老化。白内障は、水晶体の老化

hakunaisyo_003_027c.jpg

近くを見るときは水晶体は厚くなる

hakunaisyo_003_027b.jpg

遠くを見るときは水晶体は薄くなる

手元のピントが合いづらくなる理由
老眼になると、水晶体をひっぱったり、緩めたりしている筋肉である「毛様体」が衰え、さらに水晶体自体も硬くなるため、レンズの厚みの調節がしにくくなります。

【まとめ読み】『白内障手術のすべて』記事リスト

2102-71E16Zd1SgL.jpg

白内障について、カラーイラストを用いて名医がわかりやすく解説! 4章に渡って「執刀ドクターの見極め方」や「手術後のケア」など、「最新の白内障治療」の情報が紹介されています。

 

赤星隆幸(あかほし・たかゆき)
1957年神奈川県生まれ。白内障の画期的な手術法「フェイコ・チョップ法」を考案し、世界67か国に普及。年間約9000件の白内障手術を執刀し、2017年、日本人で初のケルマン賞(白内障治療で国際的に活躍した眼科医を顕彰)を受賞。

shoei.jpg

『ビジュアル解説でわかる! 老眼 近視 乱視 遠視も治せる 白内障手術のすべて 一生「見えにくい」から解放される』

(赤星隆幸/KADOKAWA)

「白内障」をご存じですか? 実は「誰しもがなる老化現象」で、50代では半数の人が、水晶体ににごりが出ているといわれています。そんな身近な病気ですが、治療のための手術については、よく知られていません。そんな白内障手術について、毎年9000件以上の手術をこなす名医・赤星隆幸先生が丁寧に解説。豊富なカラーイラストで説明がわかりやすい「決定版」です。

※この記事は『ビジュアル解説でわかる! 白内障手術のすべて』(赤星隆幸/KADOKAWA)からの抜粋です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP