「また寝てる」「夕食は?」更年期の頭痛で家事ができず、孤立した主婦を救ったのは.../更年期「漢方」相談室(5)

アラフィフ女性にとって、身近なテーマである「更年期」。でも、更年期に起こる心身の不調の症状や程度、改善法は本当に人それぞれですよね。そこで、薬剤師やジャーナリストの方に、漢方で更年期症状が快方に向かった方のケースをお聞きする「更年期『漢方』相談室」を連載形式でお届け。第5回は、漢方薬・生薬認定薬剤師の清水みゆきさんに「更年期の頭痛」についてお聞きしました。

maiha_05_001.jpg

こんにちは、「あんしん漢方(オンラインAI漢方)」で薬剤師として働いている、 清水みゆきです。

40代になってから脈打つようなズキンズキンとした頭痛が辛い...階段を降りるときに必ず頭が締め付けられるように痛くなる...などのお悩みをお持ちではありませんか?

それはもしかしたら更年期のせいかもしれません。

45~55歳の閉経前後の10年間は更年期と呼ばれており、この時期は、ホルモンバランスの影響で頭痛を生じることがあります。

私の対応したお客様でも、50代になってから、月に2回ほどズキンズキンとする激しい頭痛に悩むようになったDさん(51歳)という方がいらっしゃいました。

特に蛍光灯の光に敏感になるため、頭痛がしたら、自室に入り、部屋を真っ暗にしてベッドで休むようにしていたそうです。

しかし、徐々に頭痛の発作の頻度が週3~4回と高くなり、吐き気もするようになりました。

家事も満足にこなせなくなり、夕食もほとんどレトルト食品や冷凍パスタ、スーパーの惣菜売り場のコロッケなどに。

ご主人からは「専業主婦なのに夕食も作れないの?」と嫌味を言われ、息子さんからも「毎日寝てばかり」と呆れられ、家庭で孤立...そんなDさん(51歳)が漢方で頭痛を改善できた事例を通して、更年期の不調の改善方法をお伝えします。

1.更年期の頭痛の原因が知りたい!

更年期は、女性ホルモンが一番激しく変動する時期です。

40歳後半から50歳代になると、女性の体は、女性ホルモンのひとつのエストロゲン(卵胞ホルモン)が急激に減少します。

ズキズキと脈打つように頭の片側が痛む片頭痛は、更年期のエストロゲンの変動によって悪化し、変動がなくなる閉経後に軽くなることが知られています。

またホルモンバランスの乱れにより自律神経が不安定な状態になるため、頭痛を生じやすくなります。

さらに、加齢による体の機能低下、忙しさや生活環境の変化によるストレスも更年期の不調を悪化させる原因となります。

女性は月経の度に血(血液)を消耗するため、更年期になると血が不足し、血から栄養を与えられる気(生命エネルギー)の量や巡りが悪くなり、気血の巡りが悪くなると水(水分)も滞ってしまいます。

東洋医学的な頭痛の原因としては、「通ぜざれば則ち痛む」とあるように気・血・水の流れが滞ることによって痛みが起きたり、「栄えざれば則ち痛む」とあるように気・血の不足により痛みが生じると考えられています。

2.いつも頭の中に爆弾が...頭痛のせいで家事ができず、家族との関係が悪化して孤立

maiha_05_002.jpg

頭痛のせいで家族との関係が悪化してしまったDさん(51歳)のエピソードをご紹介します。

Dさんはご主人と中学生の息子さんと暮らす専業主婦。

3年ほど前から生理が不順になってきて、身体がだるいと感じることが増えてきたそうでしたが、更に3ヵ月ほど前からは、急にひどい頭痛を感じるようになった、とお困りでした。

「いままで頭痛なんて感じたことがなかったので、毎日、いつ痛くなるか...と怖くて、頭の中に爆弾を抱えている気持ちでした。近所の内科で薬も出してもらったのですが、副作用なのか、飲むと胃が痛くなるので、やめてしまいました。

特にきついのが、スーパーと家との間にある長い石の階段です。そこを昇ったり降りたりするときはほぼ100%、自分の脈に合わせてズキンズキンと痛むんです。でも買い物には行かないといけないからその石段の間はとにかく我慢するという感じで...家では蛍光灯の光が辛いので、頭痛の予兆を感じたら寝室で電気を消して休むようにしていました。

そんなこんなで何とかしのいでいたのですが、1ヶ月くらい前から更に悪化してしまって、週3~4回くらい頭痛を感じるようになりました。しかも頭痛だけでなく吐き気も感じるようになって...」

Dさんは、頭痛がひどいときは買い物に行けないのはもちろんのこと、キッチンに立って料理をするのも辛いため、夕食は、通販で購入しているレトルト食品や冷凍食品、ネットスーパーで頼んだ惣菜のコロッケなどに頼るしかなくなってきました。

「そんなあるとき、特に頭痛がひどかった日がありました。夕食の準備が何もできず、パックのままのお豆腐と、レトルト袋のハンバーグ、インスタントのお味噌汁をダイニングテーブルの上に置いておいたんです。

そうしたら主人から『疲れて帰ってきてるのになんだよこの食事。せめてパックから出すとかレンジで温めるとか、それすらもできないわけ?専業主婦のくせに料理もしないって存在価値あるのかよ?毎日だらだら寝ているだけじゃないか』と言われたんです。

私もカッとなってしまって『しょうがないじゃない!頭痛がひどかったんだから!どうせ一生懸命作ったって味なんかわからないんだから食べれたら何でもいいでしょ?そもそもあなたははそんな風に人の辛さがわからないからダメなのよ!』と口論に。

さらに息子が中学校の友達にLINEで送った「また母親がヒステリー起こしててサイアク。仕事もしないで寝てばかりのくせに。」というメッセージも見てしまい...本当にショックで、家族と顔を合わせないように1人で暗い寝室にいることが多くなっていました。主人と息子は、私を1人残したまま夜は外食に行くようになり、すごく孤独な気持ちでした。なぜ私だけがこんなに辛いんだろう...って」

頭痛、吐き気、家事ができないことへの焦り、夫や子どもへのイライラで疲れ切っていたDさん。

そんな時、たまたまゴミ捨てのときに会った近所の5歳年上の女性から「あ~その頭痛って更年期障害じゃない?私も更年期のときは汗がダラダラ出たり、肩こりが悪化したりで大変だったのよ。私は漢方で良くなったけど、あなたも試してみたら?」と言われたそうです。

「自然な薬なら副作用も気にならないかも」と考え、すぐに漢方専門クリニックを受診しました。そうしたら、漢方を服用し始めて3週間ほどで、頭痛は少しずつ改善していきました。

maiha_05_003.jpg「スーパーに行くときの石段も、ゆっくり降りれば頭痛を感じないようになりました。おかげで夕食の準備もきちんとこなせるようになって良かったです。主人と息子も、頭痛がよくなったと喜んでいる私を見て、本当にそのせいで辛かったんだ、と理解してくれたみたいです。今は私も1人で部屋にこもったりせず、夕食のときは家族でテレビを観ながら息子の野球部の話を聞いたりして、楽しく過ごせています」

3.漢方で更年期の頭痛が改善できるって本当?

女性ホルモンの変化は目に見えないので気がつきにくいですが、40代に入り、以下のような症状が見られる場合は、更年期のせいかもしれません。

maiha_05_005.png

<これって更年期の頭痛?チェックリスト>
□ のぼせやほてりを伴う頭痛
□ 不安や動悸を伴う頭痛
□ 耳鳴りやめまいを伴う頭痛


「私の不調ってもしかして更年期のせい?」「どうしたら治るの?」そんな方におすすめなのが、漢方です。

更年期の不調には漢方が効くことが多く、更年期障害をきっかけに漢方を飲み始めたという女性は多くいらっしゃいます。

一般的に西洋薬よりも副作用が少ないとされておりますし、対症療法ではなく、体質の改善に働きかけることで根本的な解決を目指すものですので、同じ症状を繰り返したくない方に最適です。

また、健康的な食事やセルフケアを毎日続けるのは苦手という方も、医薬品として効果が認められた漢方薬なら、症状や体質に合ったものを毎日飲むだけなので、手間なく気軽に継続できます。

今回Dさんが服用した漢方は「呉茱萸湯(ごしゅゆとう)」という吐き気を伴う片頭痛の症状によく使われる漢方でした。

更年期の頭痛の改善には、他にも以下の漢方が使われることがあります。

●加味逍遙散(かみしょうようさん)
乱れた気(き)のバランスや血(けつ)の巡りをよくして頭痛を改善する漢方薬です。
のぼせやほてり、汗といったホットフラッシュやイライラ、肩こりが気になる方におすすめです。

●当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
血(けつ)を補い巡らせ、体の中の余分な水を取り除き、頭痛を改善する漢方薬です。
めまいや冷え、貧血、むくみ、疲れやすい方におすすめです。

●苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)
気(き)を補い気の上昇を抑えて、余分な水を取り除き、頭痛を改善する漢方薬です。
めまいや立ちくらみ、動悸もある方におすすめです。


なぜ何種類もあるのかというと、同じ「頭痛」という症状であっても、体質や体型などによって、有効な漢方が異なるためです。

体質に合っていない場合は、効果が出ないことや、副作用が出ることもあります。購入時にはできる限り漢方に精通した医師、薬剤師等に相談するようにしてください。

maiha_05_004.jpg

自分に合った漢方薬が知りたい。コスパ良く漢方を飲んでみたい。という方には、「あんしん漢方(オンラインAI漢方)」など、スマホで気軽に頼めるサービスもおすすめです。

4.更年期のつらい頭痛は我慢しないで!漢方でスッキリした日々を取り戻そう!

maiha_05_006.jpg

更年期は、頭痛や片頭痛が悪化しやすい時期です。

我慢して痛みが治まるのを待ったり、休みながら何とか頭痛をやり過ごしていませんか?

あなたの頭痛の症状に合った漢方薬で改善できるケースもたくさんあります。

ぜひ、頭の痛みをスッキリ解消して、更年期も元気な笑顔で過ごしてくださいね!

【まとめ読み】更年期「漢方」相談室の記事リスト

 

<教えてくれた人>

あんしん漢方(オンラインAI漢方)薬剤師

清水みゆきさん
漢方薬・生薬認定薬剤師。漢方調剤薬局にて勤務。現在は、漢方の経験を活かして「あんしん漢方」の漢方サポート・コンシェルジュにて提案やお客様サポートを行っている。

「あんしん漢方(オンラインAI漢方)」

自分に効く漢方を見つけたい方にぴったりの、自宅にいながら自分に合った漢方を安心価格で実践できるサービス。「漢方選び」は症状と体質に合わせて漢方のプロフェッショナルと人工知能が精度高く見極めます。症状の相談は無料。西洋薬と漢方に精通した薬剤師がサポートしてくれます。

ママのためのやさしい漢方
漢方女子

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP