やせにくいのは姿勢のせい? 「やせポジ診断」でやせ体質をチェック/激やせストレッチ(2)

「運動しても痩せない...」そんな悩みはありませんか? YouTubeで50万人以上が実践した「激やせストレッチ」は、「バレエ」と「やせポジション」を取り入れることで、太もも、下腹、腰まわり、二の腕、ふくらはぎ、お尻、背中...気になる部位がピンポイントで引き締まるそう! そんな「激やせストレッチ」を考案した中川裕喜さんの著書『1分でみるみる細くなる! 激やせストレッチ』から、連載形式で激やせの秘訣をお届け。今回は「やせポジ診断」をご紹介します。

【前回:トレーニングでやせない! そんなときに「ストレッチ」でやせる4つの理由/激やせストレッチ(1)】

やせ体質になる"やせポジ"診断

日常生活で姿勢が乱れていると、骨格が崩れて筋肉の一部が縮こまります。

すると相反神経抑制という作用が働き、周辺や反対側の筋肉がゆるんで、太る原因に。

それとは対照的なのが"やせポジ"で、つまりやせ体質です。

姿勢の改善とストレッチで"やせポジ"を導きます。

こんな人は要チェック!

■体がかたく、腰やひざに痛みがある。

■左右で筋肉のつき方や、やわらかさが違う。

■運動をしているのにやせない。

■運動したら逆に筋肉がゴツくなる。

■やせてもすぐにリバウンドする。

日常生活の姿勢を見直して自分の体のクセを知ることから。

"やせポジ"じゃないとトレーニングしても効果なしです!


体のラインチェック

鏡の前に立ち、姿勢がまっすぐになっているかを確認しよう。

◯GOOD "やせポジ"

耳、肩、骨盤、くるぶしをつないだ線がまっすぐになっているのが正しい姿勢。筋肉の伸び縮みのバランスが整っている。鎖骨は0~20度、骨盤は横一直線になっているとよい。

gekiyase_P20-1.jpg

×BAD

腰が反っておなかが突き出た姿勢や、猫背になっている姿勢は、縮んだ筋肉と、ゆるんだ筋肉の差が激しい。

gekiyase_P20-3.jpggekiyase_P20-2.jpg

BAD Shock!

①下腹がぽっこり、脚が太くなりやすい

②腰まわりや背中、お尻がたるみやすい

③筋トレしてもやせたい部分に筋肉がついてしまう


歩き方のチェック

歩行時、踏み出すほうの足と、けり出すほうの足のどちらを意識しているだろうか。

◯GOOD "やせポジ"

踏み出す足より、後ろにけり出すほうの足を意識している。

腕はひじを伸ばした状態で振っている。

gekiyase_P21-1.jpg

×BAD

踏み出す足とかかとの着地を意識しすぎ。

腕はひじを曲げた状態で振っている。

gekiyase_P21-2.jpg

BAD Shock!
①ふくらはぎや太ももが太くなりやすい
②お尻、おなかがゆるんでたれ下がりやすい
③二の腕がたるみ腕が太くなり背中がゆるみやすい


【次ページ:足首を曲げたとき、指の状態は?】

 

中川裕喜(なかがわ・ゆうき)

1986年、奈良県生まれ。プロアマ問わず、ダンスやバレエのスキルアップトレーニング、ケガの改善エクササイズなどの指導を得意とする。2012年、日本人史上初めてドイツの日本大使館でゲストダンサー出演を果たす。20歳で患った失声症と、持病のケガを治すためにストレッチやヨガ、西洋医学などを学び、10年をかけて克服。心と体の健康の大切さを伝えるために始めた動画、YouTube「バレエストレッチチャンネル」は登録者数50万人を超え、現在も配信を続けている。

1分でみるみる細くなる! 激やせストレッチ.jpeg

『1分でみるみる細くなる! 激やせストレッチ』

(中川裕喜/KADOKAWA)

「バレエ」×「やせポジ」で超効果! 太もも、下腹、腰まわり、二の腕、ふくらはぎ、お尻、背中……気になる部位がピンポイントで引き締まる! そのカギとなる“やせポジション”と、やせられなかった真の原因、そして、ぜい肉がごっそり落ちる即効ダイエットのやり方を詳しくご紹介します。

※この記事は『1分でみるみる細くなる! 激やせストレッチ』(中川裕喜/KADOKAWA) からの抜粋です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP