「だから私はダメなんだ...」と思ってない?自分を受け入れた「自分の物語作り」のススメ

「なんか自分が損してる気がする...」そんな気持ちになったこと、ありませんか? それは、あなたが相手に「NO」を言えていないからかもしれません。「大切なのは、自分と他人の間の境界線を知って守ること」という鈴木裕介さんの著書『NOを言える人になる』(アスコム)から、すぐに実践できる対処法をご紹介します。

自分らしい生き方とは他人ルールに縛られず、自分の物語を紡ぐこと(1).jpg

「嘘のない物語」が人生を支える

自分の物語を編集するにあたって、もっとも警戒すべき現象の一つが「だからわたしはダメなんだ」病(DWD病)です。

自分の物語は、これまでの人生で起こってきた出来事と、その解釈によって紡がれていきます。

どんなに素晴らしい「出来事」があっても、その解釈がネガティブであれば価値がゼロになってしまいます。

自分の物語をだめにする悪魔は、実は「解釈」のところに潜んでいるのです。

ある女性は、こう言いました。

「頑張って、夢だった大学に入れました。そこで自分が変われるような気がして。でも、ダメでした。大学は私なんかと違って、本当に優秀な人ばかりだから、本当は全然ダメな私であることがバレないように必死で取り繕っていました」

達成した目標の難易度がどれだけ高かろうと、どこからでも「だから自分はダメなんだ」という結論に至る解釈を見つけてきてしまうのが、DWD病です。

仮に合格した大学がハーバードやスタンフォードだったとしても、DWD病にかかっているかぎり、「自分はダメだ」という結論は変わらないでしょう。

自分の物語をつくるうえで、もっとも重要なことは、自分の感情に素直になることです。

怒り、嫉妬、悲しみなど、誰かに話すことがはばかられるようなネガティブなものもありますが、感じてはいけない感情はありません。

感じたままの感情だけが、自分に起きた出来事に納得するための解釈をもたらしてくれます。

それは、きれいなものであるとは限りませんし、むしろ「狂っている」とか「いびつだ」と言われるようなものかもしれません。

でも、それを自分固有のかたちとして、自分自身が納得して受容できたとしたら、それは誰にも比べられることのない「心強い物語」になります。

なぜなら、自分の物語を紡ぐことができるのは、自分の感情だけだからです。

他人の価値基準や誰かのための感情に基づいた物語は、本当の生きる力を与えてはくれません。

今後は「弱き者の物語」が人の心を動かす

僕は、明確な答えのない今の時代において、人の心を動かすのは「弱き者の物語」だと思っています。

さまざまな作品において、いま「弱き者」が支持されてきており、そこに登場するキャラクターは、どこか弱く、格好悪く、人間臭い。

その嘘のないリアリティーこそが愛おしさの源泉であり、完璧でないわれわれに「それでも生きていていいのだ」と安心を与えてくれます。

いびつさは、その人の真骨頂であり、本質的な魅力そのものです。

自分の弱さ、いびつさ、未熟でかっこ悪いところを認めて、それをも引き受けた「嘘のない物語」は、ありのままの自分を「それでもいいよ」と肯定し、永きにわたって人生を支えてくれる「しなやかな強さ」をもたらすものになると思います。

みなさんに、「他人の価値観やルール」「他人の感情」「他人に奪われる時間」を手放し、「自分の価値観やルール」「自分の感情」「自分の時間」を発見し取り戻すための方法をお伝えしたいと思います。

みなさんが、真に自分らしく生き、自分の物語を紡いでいってくださることを、僕は心から祈っています。

自己肯定感を高め、「NOを言える人になる」記事リストはこちら!

H1_NOを言える人になる.jpg

「自己肯定感を高める」方法が詰まった一冊。「人間関係の基本編」「職場の人間関係編」などの身近なテーマが、豊富な事例と共に解説されています

 

鈴木裕介(すずき・ゆうすけ)
内科医・心療内科医/2018年にセーブポイント(安心の拠点)をコンセプトとした「秋葉原saveクリニック」を仲間と開業、院長に就任。研修医時代の近親者の自死をきっかけにライフワークとしてメンタルヘルスに取り組む。現在、産業医活動のほか、講演活動やSNSでの情報発信を積極的に行う。

H1_NOを言える人になる001.jpg

NOを言える人になる 他人のルールに縛られず、自分のルールで生きる方法

(鈴木裕介/アスコム)
「親や夫との関係に悩んでいる」「つい自分の時間を削って頑張りすぎちゃう」「他人に嫌だと、どうしても言えない」…。そんな悩みを持っている人におすすめの、「自分らしく生きるための方法」を解説した一冊です!

※この記事は「NOを言える人になる 他人のルールに縛られず、自分のルールで生きる方法」(鈴木裕介/アスコム)からの抜粋です。

この記事に関連する「ライフプラン」のキーワード

PAGE TOP