うまくいかない、辛いことが多い...そんな40代こそ「経験の整理」をしてみて

仕事で転勤や異動、自分や家族が病気を患うなど、人生の転機を迎える可能性が高い中年期。急な報せに焦るかもしれませんが、うまく乗り越えれば残りの人生を有意義に過ごすチャンスにもなります。そこで、『自分らしく生きる! 40代からはじめるキャリアのつくり方:「人生の転機」を乗り越えるために』(石川邦子/方丈社)から、女性が抱えるライフキャリアの悩みとその解決方法について、連載形式でお届けします。

pixta_54750908_S.jpg

経験の「点」を「線」につなげる

時系列で起こった出来事や経験を整理していくと、それぞれの小さな出来事である「点」が「線」になってつながっていくように感じられます。

そのときは、無駄に思えることや意味がないように感じることも、時間が経って振り返ることで、つながりが見えてきてこれからのことを考えるヒントになります。

また、振り返ることで、自分の成長が確認できるのも大切なことです。

楽しい経験もつらい経験も、自分を成長させるために必要な経験だったと捉えることができれば、将来のことも前向きに関心が持てるようになります。

振り返るときに、その時々でモチベーションはどのように変化したか、そこに共通項はあるのかを整理してみることが大切です。

ある方はこの整理で、上司が変わるたびにモチベーションが変化していたことに気づかれました。

また、時系列に整理することで、節目が見えてくるかもしれません。

節目で何を選び、何を選ばなかったかを整理することができます。

このような整理をすることで、自分の「内的キャリア」が明確になるのです。

たとえば私の場合、次のような出来事が「点」となります。

  • ・最初受けた企業に不採用になる
  • 「手に職を」と考え「丸栄計算センター」に就職する
  • 母が子宮癌で亡くなる
  • 職場で問題児のレッテルを貼られる
  • 福岡へ長期出張に行く

これらの「点」がすべて「線」となってつながり、23歳で管理職になる布石となったように感じます。

良い出来事もあれば、悪い出来事もありますが、それは将来にとって何らかの意味のある出来事としてつながっていく。

このように考えるようになってから、何か思うようにいかないときも「きっと、何か意味があるのだ」と考えるようになりました。

たとえば、「タイミングが早すぎる」とか、「少し自意識過剰になっているから謙虚になるべきだ」とか、何か意味があって「今は」思ったようにいかないだけなのです。

だから無理に推し進めるのではなく、焦らず足跡を振り返ってみる時間を持ってみましょう。

そうすると、長い人生の中で何をそんなに焦っていたのかと気づけることが多くあります。

みなさんも、思うようにことが運ばないときほど、ひと呼吸ついて自分の経験を振り返ってみてください。

頑張ってきた自分や成長した自分が見えてくるでしょう。

そして、たまには自分を褒めてあげることで、また明日から頑張れるのです。

どう自分らしく生きる?『40代からはじめるキャリアのつくり方』記事リストはこちら!

059-syoei-40dai.jpg中年期にぶつかる仕事や人生におけるキャリアの悩みごとに解決法、対処法を5章にわたり解説

 

石川邦子(いしかわ・くにこ)

Natural Will代表。キャリアコンサルタント。1977年、IT関連企業トランスコスモス株式会社入社。1994年、役員に就任。オペレーション部門の統括や人材戦略・キャリアモデル構築、採用・研修などの統括を担当する。ほかに各種事業の立ち上げおよび運営管理、 韓国でのアウトソーシング会社運営指導等に携わる。同社専務取締役を経て、2003年、キャリアデザインおよびストレスマネジメントを支援するNatural Willを設立、代表に就任。日本体育大学、法政大学、白百合女子大学でキャリア教育を担当。2011年、日本産業カウンセリング学会にて学術賞を受賞。2011年からJAICO東京支部キャリア関連講座部の部長など、現在もキャリアコンサルタントの育成に務めている。また、メンタルタフネス研修、メンター研修、キャリアデザイン研修、女性活躍支援講演など講師を務める一方、カウンセラーとして企業内のキャリア支援など多方面で活躍中。シニア産業カウンセラー、1級キャリアコンサルティング技能士、メンタルヘルス・マネジメント検定I種、英国IFA認定アロマセラピスト。著書に『ダメな上司は耳で聞く』(現代書林)がある。

059-syoei-40dai.jpg

『自分らしく生きる! 40代からはじめるキャリアのつくり方:「人生の転機」を乗り越えるために』(石川邦子/方丈社)

異動や降格、転勤または独立、病気にけが…40歳以降の中年期を迎える人々に訪れるさまざまな人生の転機。自分の経験を生かせる中年期だからこそ、この転機をうまく乗り越え、その後のキャリアと人生をより良くするためのヒントが詰まった一冊。

※この記事は『自分らしく生きる! 40代からはじめるキャリアのつくり方:「人生の転機」を乗り越えるために』(石川邦子/方丈社)からの抜粋です。

この記事に関連する「ライフプラン」のキーワード

PAGE TOP