人に頼りたい、でも...責任感から「でも」と思ってしまったときの考え方

家族や友達、仕事仲間に頼み事をすると、「何だか悪いな」と思うことありますよね?でも、実は人に頼ることで「人とつながる」と、一人ではできないことに挑戦できたり、ワクワクできたり、自分にも周りにもいいことが起こるそうです。今回は、「人の助けを受け入れる力=受援力」の重要性を説く医師・吉田穂波さんの著書『「つらいのに頼れない」が消える本―受援力を身につける』(あさ出版)から、「人に頼るときの心構えと方法」について連載形式でお届けします。

pixta_34725230_S.jpg

厄介な、心の中の「でも」

人の力を借りたいと思ったけれど、なんとなく言い出せない――。そのときに頭に浮かぶ言葉は、「でも」ではないでしょうか?

「頼りたい。でも、自分でできないことが恥ずかしい」
「頼りたい。でも、みんな忙しいから。大変なのは自分だけじゃないから」
「頼りたい。でも、これは自分が任されたことだから」

こうした「でも」の後に続く頼れない理由はいくつでも出てきますが、それらは本当に正しいのでしょうか。

たとえば、「できないことが恥ずかしい」と考えてしまうのは、「できない=未熟」「できて当たり前」だと思っているからかもしれません。しかし、それは本当に〝誰でもいつでもできて当たり前〟のことなのでしょうか。

大人でも能力は人それぞれ、得意不得意があります。環境の違いもあるでしょう。現実には、ある仕事を軽々とできるときもあれば、家事や他の仕事の負担が大きすぎ、ベストを尽くしてもどうしてもできない場合もあります。「できて当たり前」というのは、社会や周囲から刷り込まれた思い込みである可能性があるのです。

この「でも」が浮かんだときは、自分の思い込みや前提を疑い、本当にそうなのか、じっくり考えてみましょう。

また、「大変なのは自分だけじゃない」「あの人のほうが大変だから」「みんな忙しいから」と考えられるのは、あなたの思いやりがあるからこそ。あなたが周囲の人を慮ることができる優しさを持っているのは、とてもすばらしいことです。

その優しい思いやりを、少しだけ自分にも向けてみませんか?

大変さやつらさの度合いは人と比べられません。自分がこれ以上はとても一人では無理だと感じたとき、「この負担や不安を感じているのが自分の大切な人だったら、何と声をかけるだろう?」と考えてみましょう。「頑張りすぎないで誰かに頼ったほうがいいよ」と言ってあげたくなったら、ぜひその言葉を自分にかけてあげましょう。

自分の責任感から、人に頼ることを躊躇する気持ちも、とてもよくわかります。

もう限界だと思っているにもかかわらず、「自分がしなくては」と思うのは、とても立派な心がけです。しかし、人に頭を下げることをよしとせず、何もかも一人ですることが正しいという、成長過程で刷り込まれた固定観念に縛られていないでしょうか。

自分一人でできるに越したことはありませんが、できないときだってあるのです。そういうときは、早めに自分の状況をさらけ出すほうが、後々のダメージが小さくてすみます。

自分の状況を客観視し、勇気を持って人の力を借りることも、強さです。「自分がしなくては」とはじめから終わりまで頑かたくなに思うのではなく、人に頼ったほうがいいときは、人に頼る強さを発揮しましょう。

心の強さとは考えを変えないことではありません。「これをしたい」というブレない軸を持ちつつも、自分のこだわりにしがみつくのではなく、思い込みや無意識の自己制御に気付き、逆境に対して柔軟に自分の対応を変えられる。心の強さとは、そんなしなやかさにあるのです。

「人に頼る力」を身に付けたい人に! その他の記事リストはこちら!

045-syoei-tsurai.jpg人に助けを求めることにはどんなメリットがあるのか?基礎知識から受援力が身に付くトレーニング法までを全4章で紹介。自分の性格や考え方の傾向が分かるチェックシートも

 

吉田穂波(よしだ・ほなみ)

医師。医学博士。公衆衛生学修士。4女2男の母。ドイツとイギリスで産婦人科及び総合診療の臨床研修を行い、帰国後は女性総合外来の創設期に参画。現在、公衆衛生大学院における人材育成や臨床、研究の傍ら、「受援力」を学ぶ場作りに取り組み、国の検討会や自治体研修をはじめ多数の講演を行う。

shoei.jpg

『つらいのに頼れない」が消える本―受援力を身につける』

(吉田穂波/あさ出版)

同僚や友人に何かを頼むとき、「申し訳ないな」「迷惑じゃないかな」と考えてしまう人は、ちょっぴり損してるかも!?実は「人に頼る」ことは、あなたや周囲を幸せにする力があるんです。子育て、留学、震災を通して人に頼る力=「受援力」の大切さを実感した医師が、自らの経験をもとに実践的なトレーニング法を解説!

※この記事は『「つらいのに頼れない」が消える本―受援力を身につける』(吉田穂波/あさ出版)からの抜粋です。

この記事に関連する「ライフプラン」のキーワード

PAGE TOP