「終活」レポート/65歳女性の場合「家計簿をシュレッダーにかけました」

年を重ねた皆さんは、いつから、どんなふうに終活を行っているのでしょうか? 今回、50~80代の6名にその実態をレポート! 始めた年齢やきっかけ、方法もさまざまですが、みなさん、自分らしく終活に向き合っているようです。

坂田りつ子さん(65歳)の場合

pixta_28641534_S.jpg

■同居家族

夫(69歳)、三女(30歳)、義母(98歳)

■住まい

戸建て(持ち家)

■終活を始めた年齢

65歳

■終活を始めたきっかけ

64歳で入院を経験したのですが、自分に何かあったら、どこに何があるか整理しておかないと子どもが困るだろうな、と思ったことです。

■最初に行ったこと

・持ち物の整理(洋服や本など)。
・布団など日用品の処分。

■既に終わった終活

家計簿の処分。シュレッダーにかけて廃棄しました。残しておきたいメモやコメントは、その部分だけ切り抜いて保存しています。

■いま行っている終活

・持ち物の整理(洋服や靴など)。
・写真の整理。
・書類関係の整理。

■工夫していること、心がけていること

・持ち物の整理は、時間のあるときに少しずつやるようにしています。
・写真は「友人」「家族」「旅行」などジャンル別に仕分けして分かりやすく整理しています。

■これから始めたい終活

エンディングノートの記入。現在、書店などでどれがいいか見比べたりしているところです。

■悩んでいること、心配なこと

まだ始めたばかりなので、いまのところは特にありません。

■あなたにとって終活とは?

「子どもに迷惑をかけないためにしておくべきこと」。
いらない洋服などはリサイクルに出したりして、部屋が片付いたのはよかったです。

[終活カウンセラー協会・代表理事の武藤頼胡さんからひとことアドバイス]

洋服の整理を、空いた時間に少しずつ継続しているのが素晴らしいです! エンディングノートは「何が書きたいか?」を決めると選びやすいと思います。

取材・文/岡田知子(BLOOM) 

いつやる?何をする?特集『終活に向き合う』その他の記事はこちら

 

<教えてくれた人>

武藤頼胡(むとう・よりこ)さん

終活カウンセラー協会 代表理事。明海大学ホスピタリティツーリズム学科外部講師。「終活」についての大切さを伝えるため、毎月巣鴨、浅草でアンケートを実施中。著書に『こじらせない「死に支度」』(主婦と生活社)。

この記事は『毎日が発見』2019年10月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「ライフプラン」のキーワード

PAGE TOP