あなたは大丈夫? 長生きに大切なミネラル「亜鉛」が足りているか...セルフチェック!

今、医師や管理栄養士の間で「亜鉛」が注目されているんです。「病気しやすい」「やる気がなくなる」...こんな悩みの原因に「亜鉛不足」があり、日本人の約10〜30%が「亜鉛」欠乏状態と言います。そこで、医師の平澤精一さんと管理栄養士の岸村康代さんによる『長生きの切り札! 亜鉛チャージ健康法』(アスコム)から、お二人が提案する「亜鉛チャージ健康法」をご紹介します。

pixta_63358265_S.jpg

あなたが亜鉛不足かどうか、簡単チェック!

さて、みなさんはもしかしたら、「そもそも、自分には亜鉛が足りているのだろうか?」「亜鉛が足りているかどうか、確認する方法はないだろうか?」と思っていらっしゃるかもしれません。

そのため、ここでは、ご自身でもできる、亜鉛不足の簡単なチェック方法をお伝えします。
まず、次の中に当てはまるものがないか、考えてみてください。

・食べ物の風味(香りや味わい)がわからない

・味が薄く感じられて、しょうゆや塩、砂糖を多くかけてしまう

・何も食べていないときでも、常に口の中に苦味などを感じる

・最近、何を食べてもまずく感じられたり味がしなかったりするため、食欲が低下し体重が減ってきた

・甘いものを苦く感じたり、酸味や苦味などは感じても、甘味だけ感じられなかったりする

・とがった感じがして、塩味を不快に思う

・以前は好きだったものが嫌いになり、食べられなくなった

もし、いくつか当てはまるものがあったら、要注意です。

次の「味覚障害チェック」も一緒に試してみてください。

・コップを3つ用意し、それぞれに200ml程度の水を入れる。うち一つに耳かき3杯分程度の食塩、一つに小さじ2/3程度の砂糖を加える。

・よくかき混ぜ、目をつぶって置き場所を入れ替えるなどして、どのコップに何が入っているかわからないようにし、味がしないか、しょっぱいか、甘いかを判断する。


簡単! 味覚障害チェック

aen-1.jpg

・同じコップを3つ用意
・水200mlを入れる
・よくかき混ぜておく
・コップの底などに、自分で確認できるよう印などをつけておく


無味、甘い、しょっぱいを判断できればOK。
間違えてしまった場合は味覚障害の可能性あり!!


この「味覚障害チェック」 でも間違えてしまった場合は、亜鉛不足に陥っている可能性があります。

亜鉛が不足していれば、食事によって亜鉛をチャージするだけでなく、適切な対策をとる必要があります。

病院で血液検査をして、血清亜鉛値を調べてみましょう。

子どもから高齢者まで不足しがちな「亜鉛チャージ健康法」の【まとめ記事リスト】はこちら!

H1_長生きの切り札!亜鉛チャージ健康法.jpg

身近な食材で最強ミネラル・亜鉛を取れる「亜鉛チャージ健康法」を4章に渡ってまとめ、54のメニューも合わせて公開しています

 

平澤精一(ひらさわ・せいいち)
医師として健康長寿に深く関わる「テストステロン」の長年研究し、「熟年期障害」の治療、高齢者の健康を守る取り組みを数多く実践している。現在では新宿区医師会会長を務め、数々の委員や役員を歴任。2014年から東京医科大学地域医療指導教授として医学生の教育にも幅広く関わっている。

岸村康代(きしむら・やすよ)
管理栄養士として、これまで落とした脂肪の合計は10トン以上にのぼるダイエット・アドバイザー。高齢者に対する健康的な食生活支援をテーマにした活動も積極的に行う。管理栄養士や野菜ソムリエ上級プロなどの資格を活用し、忙しい大人のための健康を助ける商品の開発や監修も手がける。

shoei.jpg

『長生きの切り札! 亜鉛チャージ健康法』

(平澤精一,岸村康代/アスコム)

亜鉛の働きや効果などを共著の一人である医師が丁寧に解説し、その亜鉛を普段からどう食事で取り入れたらいいのかをもう一人の著者である管理栄養士が幅広く紹介してくれる一冊。日本人に不足しがちな亜鉛を日常的に効率よく摂取できる方法を指南し、54品のレシピも掲載している保存版です。

※この記事は『亜鉛チャージ健康法』(平澤精一/岸村康代/アスコム)からの抜粋です。

この記事に関連する「ライフプラン」のキーワード

PAGE TOP