「座して死を待つなんて真っ平だ」社長への「肺がん」の報告と、僕の決意/僕は、死なない。(4)

「病気の名前は、肺がんです」。突然の医師からの宣告。しかもいきなりステージ4......。2016年9月、50歳でがんの告知を受けた刀根 健さん。「絶対に生き残る」「完治する」と決意し、あらゆる治療法を試してもがき続ける姿に......感動と賛否が巻き起こった話題の著書『僕は、死なない。』(SBクリエイティブ)より抜粋。21章(全38章)までを全35回(予定)にわたってお届けします。

pixta_59896562_S.jpg

死ねない

「どうだった?」

扉を開けると社長の心配そうな顔が飛び込んできた。

「驚かないでくださいね、ステージ4でした」

「え?うそ」

僕の勤めている会社は、企業や官公庁に心理学をベースとしたコミュニケーションやリーダーシップなどを教える研修をなりわいとしている。

僕の仕事も研修講師。

社員数は少ないものの、もう創業して30年近くなる歴史のある会社だ。

社長は女性で、創業者の先代社長が10年ほど前に退任して後を継いでいた。

「ホントなの?間違いないの?」

社長の眉が心配そうにハの字になっている。

「多分......CTとかペット検査の画像とか、いやというほど見せられました」

「でも全然元気じゃない。毎日ジムにも行ってたし」

「ええ、そうなんですよね。自分じゃ全くわからなかったです。今日だって全然元気だし」

「そうよね、元気よね」

「ええ、でもなんだか肺がんのステージ4ということで......僕も驚きましたよ」

「うーん......」

「でも大丈夫です。僕は絶対に治りますから」

「そうよね、刀根さんだものね、きっと治るわよ」

「ありがとうございます」

「私も治療とか詳しい人に聞いてみるわ。仕事で医療関係の人もたくさんいるから」

「助かります」

僕はそう言うと、自分の席にどかっと座った。

いつも座っている椅子なのに、 なぜか座り心地がとても悪かった。

なんとかしなくては......このままだと1年以内に7割の確率で死ぬ。

何かに急かされるように、落ち着きなくパソコンを開いたものの、何も頭に入ってこなかった。

そうだ、会社で仕事なんてしている場合じゃない。

この状況を打開するのは自分しかいないんだ。

次の診察まで何もしないで待っているなんてできない。

座して死を待つなんて真っ平ごめんだ。

自分でなんとかするしかない。

自分が今できることをやるんだ。

僕は社長に話しかけた。

「社長、今決まっている僕の担当する研修は全てやりますので、明日からは不定期の出社にしてもらっていいですか? 治療方法とかいろいろ調べたり、できる治療を始めたいので」

「ええ、いいわよ。研修に穴さえあけなければ、基本的に講師の仕事ってあまりないし」

「ありがとうございます。本当にありがとうございます」

僕は何度も頭を下げた。

そのとき、一つ考えが浮かんだ。

2カ月ほど前に心理系の学会に出たときに、「自強法」 という身体を自由に動かす治療的ボディワークを体験したことがあった。

ほんの10分ほどの体験で、それまで頻繁に出ていた不整脈がほとんどなくなった経験をしていた。

また、 そのときに講師として来ていた人が、父親が脳梗塞で倒れたときにこの方法を試して、数日で脳梗塞を治したという話が耳に残っていた。

脳梗塞が治るのであれば、がんも治るかもしれない......。

僕は早速、そのとき交換した名刺を取り出して、東京の事務所に電話をかけた。

「はい」

「あの、先日学会で体験させてもらった者なのですが、今日そちらにお邪魔させていただいてもよろしいでしょうか? 少しご相談がありまして」

「ああ、あのときの学会の人ですね。ええ、いいですよ。ちょうど午後は時間が空いてま すから。場所はわかりますか?」

「ええ、いただいた名刺で住所を探して行きますので、大丈夫です」

「じゃあ、お待ちしていますね」

「ありがとうございます」

電話を切ると、社長に「先日の自強法の事務所に行ってみます」と伝えた。

社長も一緒に学会に出ていたので「ああ、あれはいいかもね。行ってらっしゃい」と気持ちよく送り出してくれた。

「行ってきます、今後のことは連絡入れますから」

僕はすぐに会社を飛び出した。

電車を乗り継いで自強法の事務所の最寄り駅に降り、スマホで地図を見ながら、事務所に向かっていく。

事務所が入居している建物が目に入ってきたとき、不思議な気持ちになった。

なぜか既視感があった。

「いらっしゃい」

そう出迎えてくれたのは品のよい老人だった。

「自強法の東京責任者をしています、トキと申します」

老人は丁寧に名刺を差し出した。

僕は今朝からの出来事をかいつまんで話した。

「そうですか、それは大変だったですね」

トキさんは気の毒そうに僕を見た。

「実は私の一族には医者が多くてね、親父も兄もみんな医者だったのですよ。だから現代医療というものがどんなものか、私なりにはわかっているつもりです」

「そうなんですか」

「現代医療も対症療法という点では優れたところもありますが、根本治療という点では、私は疑問を持っています。実際、私も妹をがんで亡くしていますので」

「......」

「お話は大体わかりました。自強法でがんが治ったということは聞いたことはありませんが、やってみましょう。私も今まで奇跡的な治癒の場面にたくさん出会っていますので」

「ありがとうございます。助かります」

「じゃあ、日程を決めましょう。9月17日から19日までの3日間、こちらにお越しください。準備をしておきますので」

「よろしくお願いいたします。それまでに何か気をつけておくことはありますか?」

「そうですね、刀根さんは肺がんですよね、だったらなるべく胸を大きく、呼吸を深くす るように意識してください。がんは酸素を嫌うのです」

「そうなんですか、わかりました」

トキさんと話をしていると、僕の記憶の中で何かの回路がつながった。

そうだ! ここには来たことがある! この部屋にも来たことがある!

そう、あれは1996年か1997年のことだった。

ちょうど当時勤めていた会社を辞めた頃、ある不思議な感じの知人にここに連れてこられたのだ。

「トキさん、僕はここに来たことがあるように感じているのですが......、小川さんって女性をご存知ですか?」

その知人の名前を言った。

「ああ、あの人ですね、知ってますよ」

「僕は彼女にここに連れてこられた記憶があるんですよ」

「ええ! そうなんですか?」

「はい、そのときもトキさんとお話ししています。あの頃は確か、着物を着ていらっしゃって、ヒゲがあったような気がしますが......」

「そうか! 私もなんだか刀根さんとは初めてじゃない気がしていたんです。小川さんがここに来ていたのはちょうど20年くらい前だから、その頃に私たちは会っていたんですね、いやぁ、不思議な縁だ」

トキさんも感慨深げにうなずき、微笑みながら言った。

「こういう不思議な縁や出来事が起きるということは、うまくいっているということです。刀根さん、あなたの病気はきっとよくなりますよ」

「僕もそう思います」

「そうそう、私は昔身体にとてもいいミネラルを売っていたことがあってね......」

トキさんはそう言うと、灰色の粉をビニールに詰めて渡してくれた。

「普通に販売したら8000円くらいのものだけど、あげるよ」

「ありがとうございます!」

自強法の事務所を後にし、僕は次の場所へ向かった。

次のエピソード:妻は...どんな反応をするのだろう。「肺がん、ステージ4」妻への報告/僕は、死なない(5)

【まとめ読み】『僕は、死なない。』記事リスト

shoei001.jpg50歳で突然「肺がん、ステージ4」を宣告された著者。1年生存率は約30%という状況から、ひたすらポジティブに、時にくじけそうになりながらも、もがき続ける姿をつづった実話。がんが教えてくれたこと」として当時を振り返る第2部も必読です。

 

刀根 健(とね・たけし)

1966年、千葉県出身。OFFICE LEELA(オフィスリーラ)代表。東京電機大学理工学部卒業後、大手商社を経て、教育系企業に。その後、人気講師として活躍。ボクシングジムのトレーナーとしてもプロボクサーの指導・育成を行ない、3名の日本ランカーを育てる。2016年9月1日に肺がん(ステージ4)が発覚。翌年6月に新たに脳転移が見つかり、さらに両眼、左右の肺、肺から首のリンパ、肝臓、左右の腎臓、脾臓、全身の骨に転移が見つかるが、1カ月の入院を経て奇跡的に回復。現在は、講演や執筆など活動を行なっている。

6143Ex20k-L.jpg

『僕は、死なない。 全身末期がんから生還してわかった人生に奇跡を起こすサレンダーの法則』

(刀根 健/SBクリエイティブ)

2016年9月、心理学の人気講師をしていた著者は、突然、肺がん告知を受ける。それも一番深刻なステージ4。それでも「絶対に生き残る」「完治する」と決意し、あらゆる代替医療、民間療法を試みるが…。当時50歳だった著者の葛藤がストレートに伝わってくる、ドキドキと感動の詰まった実話。

この記事は『僕は、死なない。 全身末期がんから生還してわかった人生に奇跡を起こすサレンダーの法則』(刀根 健/SBクリエイティブ)からの抜粋です。

この記事に関連する「ライフプラン」のキーワード

PAGE TOP