介護サービスを利用する=大切な人を手放すこと? 家族にも「休息」が必要/ゆるゆらり

介護福祉士をしながら、介護について思うことを、家族の介護の体験もふまえつつ漫画で綴っております、ゆるゆらりと申します。
前回の記事:大変なこと、嫌なことも多いけれど...介護職にしかない感動の出逢いがある!

皆さんは、「レスパイトケア」ってご存知でしょうか?

レスパイトケア①.jpg

レスパイトケア②.jpg

特に、自身の夫や妻を介護していらっしゃる「老々介護」は孤独になりがちで、ギリギリのところでふんばってらっしゃる方が多いように思います。「子どもに迷惑をかけたくない」と抱え込んでいらっしゃる方も‥。

でも、だからこそ多くの手が必要なのです。
公的介護サービスは、その中の大きな支えになる手の一つなのです。
介護する方の笑顔が‥される側の笑顔にもつながるのですから!!

ゆるゆらりさんの過去記事はこちら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

ゆるゆらり


ブログ「ヘルパーおかん。アラフィフ専業主婦からのハローワーク」主宰。ダンナ、息子、娘、そして姑と同居する、資格なし・特技なしのアラフィフの専業主婦が、独り立ちを目論みヘルパーに! 現在、ヘルパーおかんとして奮闘中! 著書にコミックエッセイ『アラフィフでヘルパーはじめました』がある。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP