甘やかしすぎた...孫にとって私はただの「おもちゃを買ってくれる人」

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:りんご
性別:女
年齢:68
プロフィール:リタイヤした夫と二人暮らしの主婦です。一人息子に孫ができてからは、孫がかわいくて仕方ありません。

16.jpg

遠方に住んでいる5歳になる男の子の孫。私達夫婦にとっては初孫です。車で5時間の距離にもかかわらず、息子夫婦は孫を連れて2カ月に1度遊びにきてくれます。これが私にとってなによりの楽しみになっています。

しかし、孫が5歳になった今、後悔していることがあります。それは、おもちゃを買いすぎてしまった、甘くしすぎてしまった......ということです。

わざわざ遠くから遊びに来てくれる孫。嬉しかった私は、赤ちゃんのときから毎回毎回新しいおもちゃを用意して待っていました。

孫が生まれてから知った、うちから車で10分程の場所にある大型のおもちゃ店。天井までいっぱいに並んだカラフルなおもちゃたちに圧倒されましたが、同時に興奮しました。もともと買い物好きな私。買い物魂に火がついた、といったところです。
孫へのおもちゃ選びが楽しかった私は、赤ちゃん用のおもちゃ、知育系、ブロック系といろいろ買い込んでいきました。息子夫婦はおもちゃは買わないでいいと言ってくるのですが、たまにしか会えない孫。少しは甘やかしてあげてもいいじゃないと思ったのです。孫が3歳をすぎてからはカラフルなブロックがお気に入りに。そこそこ値が張るものだったので、1回の訪問で1〜2万円程おもちゃ代に費やしていました。

このように、孫が喜ぶようにおもちゃを買い続けていた私。ですが、5歳になった先日、こんな出来事がありました。

孫と近所を歩いていたときのことです。ご近所さんに会った際、孫は自分の名前を名乗った後「この人(私のことです)は、おもちゃを買ってくれる人です」と紹介したのです。
ご近所さんは爆笑! 私はあちゃー......。

孫にとって私は「おもちゃを買ってくれる人」。そうとしか受け取られていなかったんだとがっくりしました。

そして、その他にも孫の行動が気になるようになりました。
毎回遊びに来るたび、玄関を開けた途端「新しいおもちゃは?」。そしてそれが気に入るものでないと「これじゃなくて、消防署のがよかった!」など文句をつけます。さらに、ブロックで遊んでも全く片づけません。1階、2階の各所にばらまかれてしまい、踏みそうでひやひやします。これは、いつも息子夫婦か私が片づけています。

また、会えない間、孫に電話すると「元気?」といった会話などなく、ただ次に欲しいおもちゃの要求ばかり......。

さすがにわかりました。私は孫を甘やかしすぎたのです。息子夫婦からは、もうおもちゃを買わないでくれと言われていましたが、孫にがっかりされてしまうのを恐れるあまり買い続けてしまいました。

でもこのままでは孫にとってもよくありません......。これからは、おもちゃに頼らずしっかり孫との関係づくりに向き合わなければ、と思っています。まずは、おもちゃは誕生日とクリスマスだけと話して、お絵かきや絵本を読んであげることなどからはじめてみようと思っています。

関連記事:週に1度、1回30分の訪問が多い!? "孫と会う頻度"に関する投稿が話題

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP