ランドセルの色でいじめ!? 楽しいはずの孫のランドセル選びが難航

12.jpg

ペンネーム:フラワー
性別:女
年齢:51
プロィール:同居の2人の孫を持つおばあちゃんです。仕事・家事・孫育てに毎日奮闘中。その中で感じたことをご紹介します。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

◇◇◇

去年、孫娘が晴れて小学校に入学しました。小学校入学といえばやっぱりランドセル。1年前には購入準備をスタートさせました。

そうなると家族全員で「ああでもないこうでもないと」と、様々な意見が飛び交います。その中でも最も盛り上がったのは「何色にする?」というテーマ。なにせ今時の女の子のランドセルは色とりどり。ひと昔前の「女の子は赤」という時代には考えられないくらい華やかです。

孫自身も凄く楽しみにしている様子で、目をキラキラさせては「可愛い色のが欲しい~」と私へのおねだり攻撃開始です。そんな微笑ましい様子に、「好きな色を買おうね」なんて、楽しい会話が続いていました。

そんなある日、いつも通りにネットリサーチしていると、「ランドセルの色がいじめの原因になる」とか、「目立つ色は犯罪に巻き込まれるリスクがある」など、なにやら怖いエピソードが。それらは、実際の経験談として書かれているものと、そういったリスクを心配しているものと、両方のタイプがありました。

これはどうしたものかと、孫の母親である娘と相談。その結果、実際の登下校の様子を観察&ランドセル売り場でのリサーチ&小学校の子供を持つママたちからアドバイスをもらうことに。早速手分けしてリサーチを開始しました。

登下校の観察で分かったことは、私の住んでいる地域の場合、赤・ピンク・ブラウンが主流で、パステルブルーやパープルも点在。それらはライト系、マット系、くっきり系、キラキララメ系など実に多彩で、もはや「ランドセルにスタンダードな色はない」と言える状況でした。

それなら心配いらないのかな? と楽観したのも束の間。先輩ママから「目立つ色が原因でいじめなどのトラブルに巻き込まれる子どもがいる」とのアドバイス。子どもがおとなしい性格なら、避けたほうがいい」とのことでした。

この中で、犯罪に巻き込まれたという話を聞くことはなかったのですが、「目立つ」という意味で考えるとやはり心配になります。

そこで、今度はプロに聞いてみようと、店頭でリサーチ。複数店舗で聞いてみた結果、「いじめや犯罪といったトラブルは聞いことがない」という回答でした。そこで質問の内容を変更。あえてスタンダードな色をあげるなら? と聞いたころ、「ブラウン、ライトブラウン、淡色のピンク、赤」だと教えていただきました。

そこで、今回の主役である孫に「好きな色はどれかな?」と聞いてみたところ、困ったことに「パステル系のブルーグリーン」をチョイス。これは珍しい色で、目立つこと間違いありません。

そして当時の孫娘は超平和主義のおとなしい性格。もし、何かを言われたとしても、対処できないかもと感じました。「それも勉強」かもしれないのですが、割り切ることができません。好きな色を買ってあげたい。でもトラブルも心配。さあどうする私!

そこでとった方法は、孫の欲しいランドセルが目立たない色へと変わることに期待して待つこと。ですが、その後も色々なランドセルを見に行っては、孫娘の希望を聞くのですが、なかなか変化は訪れず。そうこうしているうちに半年が経過して少々焦り始めました。

そんなある日、一緒に出掛けた先で突然「ばあば、これが欲しい!」と輝いた笑顔。その視線の先にあるのは、「ライトブラウン」のランドセルでした。可愛いモチーフが気に入ったのだとか。やった! と、その場で即注文でめでたしとなりました。

ただ楽しいだけだと思っていたランドセル選び。しかし、実際にはいろいろと考えさせられる出来事でした。

関連記事:60代以上が幸せを感じる家族は1位「子」2位「孫」3位「夫」/"今どきシニア"のホンネ(3)

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

キーワード

PAGE TOP