アラフィフからの転職活動。断り続けてこの会社なら!と決めた理由とは?

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:さぽらぼ
性別:女
年齢:49
プロフィール:独身。母と2人暮らし。ITエンジニア歴26年。割と楽天家。パトロンは居ない(=金は無い)。

4.jpg

勤めていた会社を自主退職しました。

理由は、会社からの度重なる理不尽な扱いに嫌気がさして止むなく......という感じです。
転職活動はこれで3度目。48歳11カ月で、転職開始です。

転職に繋がるコネもないし、優雅に遊んでいられるお金もないし、この年の転職でよく言われる「管理職」経験もありません。

しかも今回は、失業保険を受け取らずに雇用保険を引き継げる1年以内に再就職する、という目標がありました。
退職直前に給与を下げられていたため、自主退職で3カ月の無給期間を過ごした後も、大した額は受け取れないと判断したからです。

ですが,

転職エージェントに2社登録したものの、思うような求人に出会えません。

そこで、次は転職サイトに片っ端から登録し、ちょっとでも自分の条件にハマりそうな案件に片っ端から応募しました。
結果3カ月強で60社以上に応募し、約20社と面接、5社から内定をいただきました。

嬉しいはずの内定通知なのですが、いただくたびに難しい判断を迫られました。

まず「正社員」で応募したのに「契約社員」で内定を出された企業は除外。
また「長期出張が発生する可能性がある」も辞退対象となりました。
将来もっと年を取った際に、母1人を残して飛行機の距離で仕事するのは避けたかったのです。

そんなこんなで、せっかくいただいた内定をなかなか受け入れられず、4社目の内定通告に迷いながら別企業の一次面接のまさにその日、全国的なニュースとなる大規模な地震が発生したのです。同時に、大規模停電も発生しました。

その企業とは転職サイトのウェブメールにてやり取りしていたため、連絡先が分かりません。

当時私が使えたのは、ウェブメールが使えない旧式ガラケーのみ。

転職サイト経由でメールが来たことまではわかるのですが、返事ができません。

そのため、当日面接に行けないという連絡が自分から取れない状況にありました。

そんなとき、相手先の企業から転職サイト経由でメールが届いたことがわかりました。

その後、携帯宛に電話が鳴りました。しかし安否確認の電話の中で取り損ねてしまいます。
そのうち充電の残量も少なく、どうしよう.....と思っていたとき、携帯電話宛てに通常のメールが届きました。
本日の面接は中止で後日実施とのこと、また安否を気遣う内容でした。

もちろん、私からもすぐに返信を出すことができました。

そして大規模停電が解消され、節電しつつも社会機能が戻ってきた頃、延期した面接の実施連絡が届きました。

とても柔軟でスピーディな対応を、ありがく感じました。

その後一次面接、二次面接と通過し、無事内定をいただいたのは、地震から2週間後のことでした。

内定受諾の理由は、会社の雰囲気や社員の方々の人柄、職務内容等に納得したこともあるのですが、最大の後押しとなったのは、会社全体で大変なときにも気遣いをしてくれたこと、また採用対応を引き延ばさず迅速に行ってくださったという点が大きかったのです。

この状況だと採用自体を延期または中止にしても不思議ではありません。

でも、この会社は、一応募者でしかない私にも誠実で迅速な対応をしてくれました。

もし今後何かあっても、この会社は社員を守ってくれるのではないかと思えたのです。

これは会社としては当たり前の対応かもしれないのですが、通常の面接だけではない経験をしたから、そう感じたのかもしれません。

結局私はこの会社に入社し、現在も元気に働いています。

入社してからも、会社の良いところをたくさん見つけることができました。

勘違いでも何でもいい。今度こそ平和に定年まで勤めたいなと思う、今日この頃です。

関連記事:中高年やシニアの中途採用が活発化! キーワードは「熟戦力」と「年功助力」

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP