車のオイル交換をしに行ったはずの夫...なのになぜ!?新車を買う羽目に

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:つよぽん
性別:女
年齢:38
プロフィール:2児のアラフォーママです。40歳夫の自己中心的な行動に、イライラしてしまう日々を過ごしています。

3.jpg

わが家には走行距離が5万km程度の普通自動車、10万km超えの軽自動車があります。セカンドカーとして利用している軽自動車はそろそろ買い替え時かな......と思っていたのですが、あることがきっかけで思いもよらぬ展開になってしまいました。

それは普通自動車のオイル交換をしに、40歳夫と中古車販売店へ出かけたときのことです。偶然にも店長が夫の友人。驚きました。中学生時代の同級生で20年以上ぶりの再会だったようです。懐かしむ2人の様子を見て、とても微笑ましかったです。

思い出話に花が咲いたあと、車の話題になりました。夫の友人の「ところで普通自動車は何年乗っているの?」という質問から始まり、気づけば査定をしてもらうことになったのです。自分の車の価値を知っておくのも大切なことだからと話す友人。確かに今乗っている車がどれくらいの価格で売れるのかは、私も興味があります。査定は無料だしお願いしてみようか。そう気軽に思ったのが事の始まりでした。

なんと査定価格は100万円以上! 思っていたより高い査定価格に夫婦そろって驚きました。私たちが乗っている普通自動車の中古を探しているお客さんが多いから、とのことでした。友人は「突然で悪いけど、もし車の買い替えを検討してくれるなら、買取価格もできる限りがんばるから」と言ってくれました。とてもよいお話でしたが、買い替えをするのであれば走行距離が10万kmを超えている軽自動車を考えたいところです。普通自動車は購入して約5年。まだまだ乗るつもりでいます。

ところが夫は友人の話にノリノリに。高い査定価格に惹かれ、本気で普通自動車の買い替えを検討し始めたのです。オイル交換が終わり中古車販売店をあとにすると、なんとかつてより興味のあった車メーカーのショールームへ直行!

私は「買い替える車を間違っているよ!」と何度も言ったのですが、まったく聞く耳をもってくれません。欲しいと思い始めると、一直線な夫にイライラは募るばかりです。

自宅へ帰ると車のカタログを見たり、ネットで調べたり......。完全に普通自動車の買い替えで頭がいっぱいな様子でした。夫は車をあと5年乗って新車を買うのと、今買い替えるのと費用の負担は変わらない!と言い張っています。確かにそうかもしれませんが、今買い替えるならば普通自動車ではなく軽自動車なのでは?と私は夫に伝えたのです。

しかし残念ながら私の意見はまったく夫に通じませんでした。思い立ったら盲目な夫にあきれるしかありません。とにかく新しい車が欲しい、その一心のようです。

結局オイル交換をしに行った日から一週間後、友人が働く中古車販売店で買取をお願いすることになりました。そしてもちろんその足で新車の購入手続きも済ませるという、急展開。

いまだに腑に落ちない部分もありますが、夫の友人との出会いに縁があったと自分に言い聞かせ、車の買い替えを黙認することにしました。

車のオイル交換だけしに行ったはずが、まさかの新車購入。

思っていた以上にお金が必要になり、予想外の出費です......。自分の思うように買い物をする夫に心底モヤモヤしています。

関連記事:BMWやポルシェが人気!? 少しずつ利用者を増やすカーシェア最新事情

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

週3日、LINEでオススメ記事が届く!

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP