下着にこだわる夫に却下された男性用パンツを渋々履く私。鏡に映る姿に我に返って.../くるぴた

皆様こんにちは、『離活のためのアラフィフ貯金日記』の管理人"くるぴた"です。

ここでは昔、結婚生活中に起こった「おいおい、ちょっと待て」と思うような出来事などを中心に書いていきます。

【前回】離婚後も送られてくる元夫のメッセージ。それを断ち切れない「ある理由」/くるぴた

【最初から読む】某巨大掲示板で知り合った彼と5回会っただけでスピード婚! しかし気になる謎の壁穴.../くるぴた

taikenki_kurupita24.png

以前、元夫の独特なファッションセンスについて書いたことがあります。

元夫は暖色系かつ原色が大好きで、Tシャツやスウェットはほとんど黄色やオレンジ、赤い物ばかり。

それ以外はデニムや黒い革ジャン、革パンツなどが多かったのですが、それは本人が故・ 松田優作さんのファンだったのが大きいようです。

夫の衣類に対するこだわりは、他に靴下や下着などにも及んでいました。

まず靴下は、白くて綿100%のもの一択。

ラインが入っていたり、ワンポイントの柄が入っているのも却下です。

ナイロン等の化繊の靴下だと「足が呼吸できない」などと言って、絶対に履きませんでした。

その割には水虫を患っていましたが......

結局元夫の持っている白い綿以外の靴下は、冠婚葬祭用の黒い化繊の物が1足きりでした。

そして元夫の好きなパンツは、セミビキニのブリーフ。

赤やオレンジの単色か、その色を基調とした派手な柄物を好んで履いていました。

しかし、当時すでに市場に出回る主な商品は、とっくにブリーフからトランクスに移った後。

それに加えて、ボクサーパンツが出回り始めた頃で、ブリーフ自体、取り扱いがかなり減っていました。

近所の店で探してみても、ブリーフは股上が深く、色は白や紺、黒等のオーソドックスなものしか置いていません。

通販では、たまに元夫が好きそうな派手派手セミビキニが見つかりますが、なかなかイイお値段です。

しばらくはそうした通販を利用していたけれど、毎度そんな物ばかりを買ってはいられません。

その頃はもう夫の仕事が左前になっており、生活費を渡されていなかったのです。

住んでいるマンションのローン以外の費用は全部私が払っていました。

私自身もそんな高給取りでもないのに、夫のパンツ1枚に千何百円も掛けられません。

これではたまらないと思い、ある日、近所のスーパーの下着売り場で、トランクスを3枚買ってきました。

3枚とも一応、暖色系の派手な柄もの。

元夫は食わず嫌いならぬ、履かず嫌いなので、試しに履いたら気に入るかもしれないと考えたのです。

それを元夫に差し出して、直談判しました。

「セミビキニのブリーフは、探してもなかなか見つからない。お願いだからトランクスで妥協して欲しい」

しかし元夫は「こういうのは座りが悪い気がするから、履きたくない」とあっさり却下。

結局トランクス3枚は結局タンスの肥やしになってしまいました。

それでも1枚800円〜1,000円位したのに......

そもそも女性用のショーツは3枚500円位で売っていたりするものです。

自分は安いパンツを履いているのに、 なぜ生活費を入れない人間の方が贅沢を言うのか......

あまりに納得がいかない私は、元夫に買ったトランクスを自分で使うことにしました。

実際に履いてみると、トランクスは前の布がちょっとダブつくような感じはしますが、短パンのような感覚で、肌触りも良く意外と快適でした。

しばらくはそのまま履いていたのですが......

しかしある日、風呂上がりに、浴室前にある大きめの鏡に写っている自分が目に入ると、なんだか凄く冷静になりました。

イイ歳をしたオバサンがトランクスなんか履いて、何をしているのか、と。

こんな姿では、もし倒れても迂闊に救急車にも乗れません。

『貧すれば鈍する』などと言いますが、いくら貧乏でもこれではダメでしょう。

それと同時に 「別にこんな生活を続けている必要などないのでは」 と気付いて、足枷が外れたような気持ちが芽生えたのです。

元々、結婚生活の最初の頃から、私が元夫の顔色を窺うような力関係がありました。

私は自分がアラフォーで結婚し、仕事を辞めて1人で実家から離れた北海道まで来たことで、この生活が破綻したら、もうまともに生きていけないような錯覚をしていたからです。

でも冷静になってみると、そこまで夫を立てていく理由なんて、どこにもありませんでした。

その後、離婚をして1人の生活を始めてからは、お金の苦労や病気の心配はあっても、精神的にはとても自由になりました。

あの時の鏡の中の自分は情けないけれど、今の生活へのきっかけを作ってくれたのです。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

くるぴた

モラハラ変人夫との「追いはぎに遭ったような」結婚生活を終わらせた『くるぴた』です。現在は病院で清掃のパート等をして、生計を立てています。親も子もないアラ還の独り暮らしは寂しいけれど、離婚によって多くのストレスから解放されたので、後悔はありません。ブログ『離活のためのアラフィフ貯金日記』の管理人です。

くるぴたさんのブログ:離活のためのアラフィフ貯金日記 

コメント一覧

はじめまして。 ブログ読ませていただいてます。 試験の合格おめでとうございます。 くるぴたさんのブログを読みながら、私もがんばらなくちゃ、と思っています。 がんばってくださいね! 応援しています!
つい最近 人工関節になる手術を受けました。入院に必要だったので 男性トランクスを買いました。履き心地が気に入っています。足の付け根が圧迫されず 血行にも良い気がします。
情けない自分から目を逸らさなかったくるぴたさんは素晴らしいです! お弁当は豪華でおいしそうですね。
こんばんは‼️私は50才ですが、まだまだ正社員で頑張っています。くるさんのブログで勇気を頂いています。ありがとうございます。そして応援しています。お弁当も毎日スゴいですね!
くるさん 私も今、派遣会社でワクチン関係の短期の仕事をしています 40代50代の中に入って60代の私は初めの二か月間は 毎日辞める事ばかり考えていました でもくるさんも大丈夫です 必ず周りの方たちと足並みそろってきます 負けないで!
くるさん、こんばんは。休みに日に職場の事が気にかかること、よく分かります。とにかく、体が資本なのでできるだけ、息抜きができますように。応援しています。
いつもブログ読ませて頂いてます。 何事にも真摯に立ち向かうくるさんをいつも応援しています。 頑張って下さいね。
はじめまして。長いことくるぴたさんのブログを読ませて頂いており、いつも心の中で応援しています。 毎日が発見ネットでは元旦那さまのエピソードを書かれているのですね。ふふっと笑ってしまったりもしますが、当事者のくるぴたさんは相当大変だっただろうなあ…とお察ししています。私もいろいろあって今は独り身、気楽さと寂しさの両面ありつつも、一人は気楽だなーという思いの方が強いです。 お互いに頑張りましょう。これからもブログと発見ネットの更新を楽しみにしています。

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP