某巨大掲示板で知り合った彼と5回会っただけでスピード婚! しかし気になる謎の壁穴.../くるぴた

taikendan.kurupita01.png

皆様初めまして、"くるぴた"です。

現在アラ還で、病院で清掃のパートをする傍ら『離活のためのアラフィフ貯金日記』などのブログを運営しています。

数年前に離婚を経て、今は肺がん闘病中の猫と最期の日々を共にしている最中です。

私はいわゆる熟年離婚をした訳ですが、今にして思えば「なぜ我慢した⁉」「それは離婚のフラグだったのでは」という出来事が満載の結婚生活でした。

ここでは婚姻中に起こった「離婚したい!」と思った瞬間と、離婚するためにささやかながら積み重ねた貯金の方法について、お伝えできればと思います。

まず手始めに、私についてお話ししましょう。

私は行き当たりばったりな両親の元で、3人兄弟の長女として生を授かりました。

弟2人は4歳下と11歳下です。

家庭にあまり興味がない父と、生活するのに必死な母との間で、放任されて育った私は、よく言えば「のん気」な、悪く言えば「うかつ」な性格に育ちました。

高校を卒業してからは会社員やフリーターをしていて、そのまま地元にいるつもりが、22歳の時、当時お付き合いしていた男性が大学を卒業し東京で就職すると言うことで、一緒に上京してきたのです。

私はその彼と結婚するつもりでいたけれど、当人はなかなかゴーサインを出しません。

その結果、30歳過ぎになるまで長い春を続けたあげく、彼に別のお相手ができてしまい、振られてしまいました。

その後の私はスーパーのバイトをしつつ、知人が勤めていた編集プロダクションから小さなイラストなどを描く仕事をもらったりして、細々と暮らしていました。

失恋のショックで結婚どころか恋愛すら無理かもしれないと、半ばあきらめ気味だったのですが...

しかし数年経って、アラフォーと呼ばれる年齢になった頃、ある出会いを得たのです。

それは某巨大掲示板。

たまたまよく読んでいたスレッドによく書き込みをしていた人物こそが、のちに結婚することになる元夫です。

そう、恥ずかしながら、夫とは某ちゃんねる婚でした。

元夫の文章は同年代なのにどこかオッサン臭く、文章も硬いのですが、打ち解けてくるととぼけた愛嬌のあることも書いてきます。

誰かがスレで相談をすると、すぐに真面目で実用的な回答をしてきて、ちょっと気になる存在でした。

そこは同年代の人が多く、悩みなども似通っています。

そして掲示板の書き込みで仲良くなると、数人でオフ会をするパターンが多々あったのです。

私と元夫もあるオフ会で初めて顔を合わせることになりました。

初めて会った元夫は、常に眉間に縦皺が入った、いかめしい顔付きの人。

上背があり、ちょっと野武士っぽい雰囲気がありました。

しかしあまりオフ会に慣れていない私がなかなか会話の波に乗れずに困っていたところ、声をかけてくれたのが斜向かいに座っていた元夫です。

彼は自己紹介がてら、自分の身の上を語り出しました。

彼は北海道生まれで現在も札幌にある会社に勤めて10数年。

職場関係で知り合った奥さんと、数年前に離婚していました。

原因は奥さんの不倫で、男の子が1人いたけれど、まだ幼いため親権は奥さんに行ってしまったとのこと。

その後は彼が出張で上京するたびに彼と会うようになり、5回目には初めて私の方から札幌にある彼の家に遊びに行きました。

着いた先は 3LDKの分譲マンション。

リビングと寝室、客間、奥に趣味の部屋兼書斎があります。

リビングに通された私は、彼にこう言われました。

「俺は金持ちじゃないし、離婚歴もあるし、住んでいる場所も遠い。 キミを引き止める権利はどこにもない。 でも、もしもキミが嫌でなかったら、俺のところに来てくれないだろうか」

気付けば30代も後半になって、恋も結婚も諦めていたけれど、これも縁かもしれない。

北海道のカラリとした気候も肌に合う気がする。

そう思った私は、彼と直接会ったのはたった5回しかなかったのに、北海道に移住して彼と共に暮らす決意をしたのです。

長年住んだ東京を後にして、彼のマンションに転がり込んで知ったのは...

それまで入っていなかった奥の部屋の壁に、何かをぶつけて凹ませたような穴がたくさん空いていることでした。

「ねえ、あの壁、何...?」

帰ってきた彼に、奥の部屋を指差しながらたずねると、本人は事もなげに答えました。

「ああ、あれか。あれは腹が立った時に殴ったり蹴ったりした跡だ。 持ち家だし、別に人間には何もしないから平気だ」

そんな...それってDVじゃないの!? 人間には何もしないって、そんなの当たり前でしょ!

そもそも人間以外にもしないのが当然なのに......

もしかして、前の奥さんとの離婚の原因も、相手の浮気もあったかもしれないけど、コレがけっこうなウェイトを占めていたのでは?

いろんな考えが頭を一気に駆け巡りましたが、仕事を辞め、遠距離の引っ越しをしてきた私には、その場を引き返すパワーが残っていません。

当時すでに父は亡くなっていて実家も頼れず、結局そのまま同居に踏みきってしまいました。

元夫はその後は言葉通り、私に直接手を上げることはありませんでした。

でも、この時に踏み止まっていれば、後々味わう他の苦労はなかったと思うと、悔やんでも悔やみきれないのです。

【まとめ読み】モラハラ変人夫と熟年離婚へ! くるぴたさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

くるぴた

モラハラ変人夫との「追いはぎに遭ったような」結婚生活を終わらせた『くるぴた』です。現在は病院で清掃のパート等をして、生計を立てています。親も子も無いアラ還の独り暮らしは寂しいけれど、離婚によって多くのストレスから解放されたので、後悔はありません。ブログ『離活のためのアラフィフ貯金日記』の管理人です。

くるぴたさんのブログ:離活のためのアラフィフ貯金日記 

コメント一覧

ずっとブログを読んでいます。 くるぴたさんの書く文章や考え方がとっても好きなので、今回の連載すごく嬉しいです! イラストもかわいいですよね(^ ^) 楽しみが増えました♪
>ららさん コメントありがとうございます。 50代以上で人生の転機があるとホント大変ですよね。
ブログの初期の頃から応援しています。 ねこさん残念でしたね。 私もねこと暮らしていますし、年齢も近いので勝手に親近感をもって読んでいました。 これからも応援しています。 お互いゆるゆるっと頑張りましょうね。
>ねこ大福さん コメントありがとうございます。 猫は癒やしですよね。別れは来ましたけど思い出は宝物です。
ブログも読んでます。話も、興味深いし、次も楽しみです。
はじめまして くるぴたさんのブログをすべて読破してるファンです。 同年代でブログ村の同じカテゴリーにいます。 ネコちゃん、残念でしたね。 私も猫飼いで、病院清掃しています。 ブログではコメントが出来ませんでしたから、今がチャンスとばかりに書き込ませて頂きました。 こちらも楽しみにしています。
くるぴたさん、はじめまして。 いきなりですが、2年前位から毎日ブログを拝見しておりました。くるぴたさんと似た環境で、毎日食い付くように見るたびにびっくりして。まずは私は離婚してないのですが 10年別居していて、子供はいますが去年次女を最後に家を出て涙のお別れ。 そして二匹のネコと私だけで暮らし 2年前は病院の清掃をしていました。 一昨年からは事務仕事で今現在働いています。そして去年、二匹のうち一匹が 胃ガン発覚。抗ガン剤治療していましたがどれも聞かず、動物病院から泣いて帰ることたびたび。そして5月21日先月亡くなりましたよ。今でも涙でます。 12才女の子でした。悲しんでる間もなくもう一匹の残された14才のネコがショックでご飯食べなくなり最近やっと少しずつたべるようになってきましたが。 くるぴたさんのネコちゃんも5月だし ほんと5月は一生忘れません。私は55才です。似た境遇ですよね。 私の心の励みになってます。頑張ってくださいね。 あ、あと病院の清掃仕事はどこも同じ感じなんですね。痛いほどわかります。 毎日お疲れさまです
7年ほど前から毎日習慣のようにくるぴたさんのブログを読んできました。大ファンです! 更新楽しみにしていますね。 ちなみにお節介この上ないですが、今の職場は体を壊す前に辞められた方が良いと思います。 受けた恩は誠心誠意お礼を言えば良いんですよ。 実態のない恩義で身体を壊さないよう切に願います。
>るいさん コメントありがとうございます。 しばらくは無理ですが、折を見て、穏便に退職できればと思います。
くるぴたさんのブログからこちらに来ました。くるぴたさんとは同い年、そして勤務内容も似ていて、考え方も似ているかも。目覚めの1番にブログを拝見するのが日課になっています。波瀾万丈なくるぴたさんの体験記、こんなこれからも応援しています。
>とんこさん コメントありがとうございます。 清掃の仕事は大変ですよね。 ブログも頑張ります。
くるぴたさんのブログからこちらに来ました。くるぴたさんとは同い年、そして勤務内容も似ていて、考え方も似ているかも。目覚めの1番にブログを拝見するのが日課になっています。波瀾万丈なくるぴたさんの体験記、こんなこれからも応援しています。
クルピタさんのブログの読者です。心の内を少し覗かせながら飄々とした文章が読みやすく、クセになりました。 特にモラハラ夫から脱出する時期のブログはハラハラしながら、応援しながら読みました。 商業施設、スポーツジム、駅、街中のどこでも働いている清掃の人を見かけるとクルピタさんの様な その人の人生や生活を想像してしまう昨今です。 三匹の猫を飼っています。そのうちの12歳の子は特定な病気はないけれど保護したときから足が一本なく最近は体調を崩して病院通いしてます。 これからも応援しますね
ブログもいつも拝見しております。くるぴたさんの日常に感じる気持ちや葛藤が書き表された文体が好きです。こちらも楽しみにしております。
いつもブログ拝見しています。お人柄が現れる内容とお仕事事情などが興味深いです。人生について考えさせられます。仕事に副業と大変でしょうが、どうかお体に気をつけて。
匿名さんから夢風さんへの返信 | 2021.07.25
>夢風さん コメントありがとうございます。 何かと失敗しがちな人生ですが、ここもブログも 頑張りたいと思います。
毎朝、3時に猫の唸り声に起こされ、5匹の猫の世話、外猫の世話を終えて、一息ついてから くるぴたさんのブログを読むのが日課です。 くるぴたさんのたいへんな日常を 毎日ハラハラドキドキしながら読ませていただいています。 義理堅く、嫌と言えない性格で 少し世渡り下手なくるぴたさん。 そんなくるぴたさん、大好きです。 これからも応援しています。
>みゅうさん コメントありがとうございます。 5ニャン、すごいですね。賑やかそうで羨ましいしいです。 ブログの方も頑張ります。
7,8年ほど前からブログを拝見していました。 私は猫2匹と暮らしていて、歳も近いので勝手に親近感を抱いてます。 仕事も5年ほど前まで病院の床頭台専門の清掃をしていました。 今はデイサービスの調理の仕事をしていて くるぴたさん、現在のお仕事は本当に大変そうなので もし、今後転職するなら 私と同じような仕事はどうかなと思っています。 食事も作り置きとかされてるようなので 調理そのものは嫌いじゃなさそうだし デイサービスなので、朝(私の場合8時半)から5~6時間です。 ただ、事業所によりますが保険加入はちょっと難しいかもです。 むこうではコメントできなかったのでこちらで書き込みさせていただきます。
>ののりんさん コメントありがとうございます。 床頭台は患者さんの側なので大変ですよね。 調理は嫌いじゃないので、機会があれば考えたいですね。
はじめまして!ブログを欠かさず読んでいましたよ。当方も50代後半に来ての、別居、はじめての一人暮らしで勝手にくるぴたさんに親近感を覚えていました。くるぴたさんの生活が大変そうなときは気になって気になって「がんばれーがんばれー」と心の中で応援していました!これからも長くブログ続けてください!”応援しています。
>え〜ちゃんさん コメントありがとうございます。 50代になってからの生活の変化は大変ですよね。 ブログも出来る限り続けます。
>大地さん コメントありがとうございます。 ブログもがんばります!
>ふくねこさん コメントありがとうございます。 共通点が多いですね。 ブログ村の方、チェックしますね。
>tomoさん コメントありがとうございます。 境遇が似ていますね。ペットの病気はやはり胸が痛みます。 残された猫ちゃんの元気が出ますように。
>水辺の半夏生さん コメントありがとうございます。 初期の頃からの読者さんですね。 12歳の猫ちゃんが元気を取り戻せるといいですね。
>シニアさん コメントありがとうございます。 こちらもしばらくは連載が続くようなので 楽しみにしてくださいね。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP