我が家が貧乏なのは「猫」のせい? 光熱費すら払えない薄給夫の根拠なき主張/くるぴた

皆様こんにちは、『離活のためのアラフィフ貯金日記』の管理人"くるぴた"です。

ここでは昔、結婚生活中に起こった「おいおい、ちょっと待て」と思うような出来事などを中心に書いていきます。

【前回】洗い物の手順まで指導され... アラフォーの新妻にダメ出ししまくる義母/くるぴた

【最初から読む】某巨大掲示板で知り合った彼と5回会っただけでスピード婚! しかし気になる謎の壁穴.../くるぴた

taikenki_kurupita14.png

今回は私が離婚した理由の中でかなり大きなウェイトを占めている事についてお話ししたいと思います。

私が夫と結婚したのはアラフォーの頃。

子どもを持たない選択をした私たちは、生活費もある程度それぞれで分担することにしていました。

食費や雑費は私が全額負担すること。

光熱費は月の終わりに集計して、半分の金額を夫に請求すること。

当時住んでいた分譲マンションはもともと夫が独身時代に購入したものです。

そのローンや管理費、固定資産税などは夫が自分で払っていました。

健康保険や年金は夫が会社勤めをしていたのでその扶養家族に。

その他生活で必要になったものはそれぞれが自分のものを払うと決めました。

それでそれぞれの負担が大体9万円〜10万円でバランスが取れていたのです。

最初の2年ぐらいはそれで上手くいっていました。

しかし、だんだん夫が光熱費の分担するお金を少し待って欲しいと言うように...。

待てと言われても、その金額は冬場でも1人分で2万円位、それ以外の季節では1万5千円程度。

それを妻に渡せないと言うのはちょっと変です。

夫に尋ねると

「会社の方があまり上手くいってなくて、給料をちゃんともらえていない。もう少し頑張って仕事を立て直すから当分の間は我慢してほしい」

そんなふうに言われました。

私も北海道に移住した当初はなかなか仕事が見つからず、パートだったため、あまり収入が多くはないけれど、2人分の食費と光熱費なら何とか払えなくもありません。

その時は仕方なくそれで納得したのです。

ところで、夫が光熱費を払ってくれなくなった頃、私の弟が結婚することになりました。

それ自体はめでたい話なのですが、奥さんが猫アレルギーだったため、弟は飼い猫を手放さざるを得なくなってしまったのです。

あまり人懐っこくない猫は貰い手が見つかなかったので、夫の許しを得て、私が引き取ることになりました。

相変わらず光熱費の支払いは滞りがちの夫。

それからしばらく経った頃、「今月は少しお金が足りないから、2〜3万円でいいから都合してくれないか?」 と言うようになりました。

毎月の事ではないとはいえ、すでに食費と光熱費全部と猫の飼育費が私の負担になっています。

食費そのものはそこまで多いわけではありませんでしたが、夫が大酒飲みだったため酒とタバコだけで月2万円以上かかっています。

そこからさらにお金を渡すと言うのは正直抵抗がありました。

なぜなら、給料がどれくらい減ったのか、具体的に教えてもらえないからです。

確かに会社があまり景気が良くないとは聞いていました。

でも特に残業するわけでもなく、朝8時に出て夕方6時に家に帰ってきています。

最初のうちは一応光熱費の負担などをしてくれていたので、具体的な給料の金額は問いただしたりしませんでした。

生活費がもらえなくなるのは我慢しても、こちらからお金を引き出そうとまでするのなら、正直にいくら収入があっていくら足りないのかを教えてもらわないと納得ができません。

しかし気に入らないことがあると、壁を殴る蹴るは当たり前の夫。

猫も怯えるし、家の資産価値も下がります。

それに実家から遠く離れた北海道に来てなかなか家族にも相談できず、高齢での結婚だったこともあり、今さら離婚する勇気がありませんでした。

飛行機に乗せて連れてきた猫がようやく環境に慣れてきたのに、引っ越すのも忍びなく...。

それでそれまで持っていた独身時代の自分の貯金に手をつけて、夫に渡すようになったのです。

とは言え貯金にだって限りがあります。

こんな生活が10年も続いて、残高がほとんど底をつき始め、私はお金を出すのを渋るようになりました。

「なんでいつまでもお金がないの? もうリーマンショックが終わってずいぶん経つのに...」

すると、夫の口から出た言葉は耳を疑うものでした。

「うちにカネがないのは俺のせいじゃない、◯◯(猫の名前)が来たからだ。アレは疫病神だろう。アレを飼って半年経たずに、キミのお母さんは亡くなっている」

はあ......!?

言い掛かりにも程があるとしか......

ハッキリ言って、ウチにお金がないのは、夫のせいです!!

それ以外に何の理由もありません。

まともに給料もくれない会社に、いつまでもしがみついた自分のせいでしょう。

中小企業とはいえ管理職から、平社員、もしかしたら非正規雇用になるかもしれないのはプライドが許さないかもしれません。

でも、ヒラでも派遣でも、普通に働いたら給料が10万円を切るようなことはないはず。

結局夫が勤めていた会社は解散してしまい、同じ仕事を同じ場所で、自営業の形で続けていました。

それでも上手くいかないなら、もっと早く方向を転換すべきだったのです。

あまり懐かない猫だから好きじゃなかったのは分かりますが、どう考えても自分の失敗を、猫のせいにして、お金は妻に出させて...自分こそ、貧乏神でしょう!

今は離婚して、自分で生計を立てています。

贅沢はできなくても、お金の流れが全部自分の目に見える生活は快適です。

あれから元夫はマンションを手放したようですが、それもまた自分が選んだことの結果でしかないと思っています。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

くるぴた

モラハラ変人夫との「追いはぎに遭ったような」結婚生活を終わらせた『くるぴた』です。現在は病院で清掃のパート等をして、生計を立てています。親も子も無いアラ還の独り暮らしは寂しいけれど、離婚によって多くのストレスから解放されたので、後悔はありません。ブログ『離活のためのアラフィフ貯金日記』の管理人です。

くるぴたさんのブログ:離活のためのアラフィフ貯金日記 

コメント一覧

毎日ブログ拝見しております同世代のものです。 大変な肉体労働とストレスなのですね、人事とは思えずコメント致しました。 労災や傷病手当金やら仕事辞め失業者手当頂く前に使えるものはあるはずです。 私も現在休職中で、かれこれ1年近く減額給与頂き通院中、来月退職を決めたので傷病手当金申請→失業手当金延長申請→失業手当と進む予定です。 お辞めになる前にしっかりその辺の仕組みを調べてから退職なさって下さい。 元々地縁のない土地にいらっしゃるので心配です、シニアは病気怪我増えます、ただでさえ光熱費の負担高い札幌より故郷近くに転居する事も視野に入れて今後の暮らし考えてみたら如何でしょうか❓
こんにちは、くるぴたさん 私が離婚を考え始めたころから、同年代くるぴたさんの『離活のための』を拝見し始め、もう6年以上 (→私も無事離婚しました笑) とにかく毎日のブログ更新、堅実な暮らしぶりなど尊敬しています! 寒さの厳しい北海道での生活、身体に気をつけて穏やかにお過ごしくださいね(^^) いつも応援しています!
ブログのファンです。くるぴたさんの生真面目さが大好きです。 今の仕事をするようになってから、心配でしかたがないです。 あまりにも酷い労働環境で、身体にもかなり負担がかかっていますね。 勤務時間内に終わらない業務をサービス残業でする事はないと思うので、残業した分を請求する権利があります。 くるぴたさんの人の良さにつけこまれているのでは? 労働基準局に相談してみてはいかがですか? 退職予定のようですが、退職日もくるぴたさんが決める事です。 こんな不当な扱いで身体も壊しての退職なら、ハロワにも事情を説明すれば、待機期間無しで失業保険も出るはずです。 一度、労基に相談してみてはいかがですか? 正社員でなく、時給で勤めているのにサービス残業なんて 酷すぎます。 自分の権利は自分で守らないと、こういう会社にはつけ込まれますよ。 出過ぎた事だと思うのですが、くるぴたさんのファンとして不当な扱いに我慢ができず投稿してしまいました。 すみません。
こんにちは。 いつもブログも拝見しています。 くるさんが大好きで陰ながら応援しています。 こちらの記事もファンで見ています。 ブログの方で気になったのですが、コメント欄がないのでこちらから失礼致します。 退職後にお引越を検討されていて、引越後に就活とありましたが、引越は仕事がない場合は部屋の契約が難しくなるのではと思いました。ブログ収入はおありですが、不動産屋さんはわかりやすい在職で検討されそうな気がして。 次の職場の場所を決めてからその場所から引越先を決めたいというお考えなのだろうと推察しますが、もしかしたら現在の在職中の方がお部屋の契約に有利になるのでは、と思いコメントさせて頂きました。 既にそのような事はわかっていてお引越を考えていらっしゃったら本当にすみません。 余計なことと分かりつつコメントしてしまいました。 肩が早くラクになるといいですね。 それではまたブログにおじゃまさせて頂きます。 失礼致します。
温和なくるぴたさんが「ハァァ~!?」と毒づき、顔に怒りマークをいっぱいつけちゃうのも当然と思います。 お金がないのを、猫ちゃんのせいにするなんてひどいですね。 <疫病神はお前だ!>って、私なら思ってしまいます。
くるぴたさん、はじめまして。 毎日、くるぴたさんのブログを見るのが日課になっております。 年齢は同じくらいです。 人が良過ぎて、都合良く使われているようで心配になります。今の仕事は期限を付けて「1月末で辞めます」など伝えないとズルズル続きそうです
くるさんへ 失業保険がダメだとしたら、退職前に医者から診断書頂き休職取ります、たぶん社保で協会健保加入と思うので、健保から傷病手当受給します、4日間は免責で出ませんが、1年以上健保加入していると、たとえ退職したとしても最長一年半受給出来ます。 その間は失業手当は延長申請出しておきます、傷病手当は失業手当より若干少ない額になりますが、カラダを治す事が先‼️無理なさらない様に 色々制度はあるはずなので、諦めないようになさって下さいね‼️ ご自身でも調べて見て下さい、お大事に♪

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP