「この子が辞めれば自分の息子がレギュラー...」ってこと!? 我が子を退部にうながしたママ友

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:濃姫
性別:女
年齢:44
プロフィール:家族は、夫(47歳)、高校3年生の娘、中学1年生の息子、愛犬ポメラニアン。結婚19年目の主婦。

10.jpg

息子(現在13歳)は幼稚園で仲良しだった友人(現在14歳)に誘われ、小学校1年生の頃から野球のクラブチームに所属をしていました。

1年生から3年生で編成されている低学年チームで、息子のポジションは4番サード、友人は1番レフトでした。

4年生になると4年生から6年生で編成されている高学年チームに入ります。

息子のポジションは変わりませんでしたが、友人は補欠になってしまいました。

それでも2人の仲良しぶりは変わらず、練習が終わると2人で遊ぶなど、練習がない日も他の友人たちを交えて、よく遊んでいました。

一方、クラブチームは親が関わることがとても多いため、私も友人のママ・Aさん(51歳)と仲良くしていました。

息子が5年生になると、監督やコーチたちから「次期キャプテン候補」と言われるようになりました。

ですが、5年生の冬あたりから急に身長が伸び始めて、成長痛がひどくなってしまったのです。

医者が言うには成長痛にも軽度と重度があり、息子の成長痛は重度で、痛くないときは普通に動けますが、突然急激な痛みに襲われると全く動けなくなるのだそう。

医者から時期が来れば痛みは軽くなるし、やがて自然になくなるだろうが、今は激しい運動はやめておくようにと言われてしまい、息子は大好きな野球の練習をお休みすることになってしまいました。

息子が休み始めて1カ月ほど経ったときのことです。

Aさんが、息子が「練習に出てこないから監督やコーチたちがチーム編成に困っているし、チームメイトの親たちもいろいろ言っているから、退部か復帰かはっきり意思表示をした方がいい」と言ってきたのです。

周りに迷惑をかけるのは嫌なので息子と相談しました。

息子自身は続けたがっていましたが、一日のうちに何度も急激な痛みが出ていて、医者からも「今の状態では野球は無理だよ」とドクターストップ。

息子は泣く泣く退部するしかありませんでした。

クラブチームを辞めると、自然と息子と友人はあまり遊ばなくなり、私もAさんとは疎遠になっていきました。

中学は別々の学校だったため、友人とAさんのことは忘れかけていたのですが、先日、偶然野球のクラブチームのママ友2人と道で会ったのです。

懐かしく昔のことを話していると、なんとAさんが言っていたことが嘘だと発覚しました。

息子が練習に出られなくなると、それまで補欠だった友人が息子のポジションに手に入れていて、このまま息子がチームに復帰しなければ、自分の息子がレギュラーになるとAさんは思ったのでしょう。

それで、「皆が迷惑しているから」と退部か復帰の選択を早くしろと言いに来たようです。

他のママ友2人は、Aさんが話していたような事実は一切なく、みんな息子がどうして辞めたのか不思議に思っていたと教えてくれました...。

1年以上も前の出来事を問いただすのも変だと思う一方、まんまと彼女の策略に引っかかってチームを退部した口惜しさが入り混じり、モヤモヤしています。

関連の体験記:「パートでいいね」習い事の送迎を丸投げしてマウント!? ママ友のプライドを叩き折ったのは...
関連の体験記:「どうせ仮病だよ」フィットネスクラブで苦しそうな生徒を放置したコーチが忘れられない...
関連の体験記:百貨店の包装紙を開けると...野球の「1」のゼッケン。亡くなった母が大切にしていたもの

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

モヤモヤって息子さんが可哀想。 監督やコーチと相談もしないで決めたことも不思議。実は投稿者さんが面倒くさかったのかな。 仲良くしていたといいつつ忘れてしまうほどの仲だし、当時他のママも誰も声かけてくれなかったのはそういう事なのでは。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP