パワハラ上司が孤独死! あまりに寂しい葬式の話を伝え聞き、私が決意したこと

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:しらたま
性別:女
年齢:47
プロフィール:今年の夏も、おうちかき氷屋さんを満喫しました。秋冬も季節ならではの美味しいものを食べるのが楽しみです。

19.jpg

私は46歳、一つ年下の夫と10代の娘との3人暮らしです。

今回は、25年近く前に私が会社に入社したときに、指導係だった同僚Aさんのお話です。

同僚Aさんは、当時40代後半の女性。

身長が高く、体格がよい人でした。

はっきりした顔立ちにしっかりフルメイクのAさん。

初めて会ったときには、高圧的な印象の人だなと感じたのをよく覚えています。

Aさんは仕事はできるけれど物事を強引に進めるタイプで、何かとトラブルになりやすいタイプの人でした。

周囲の人に対しての好き嫌いが激しく、アルバイトの子たちも自分の好みでひいきして、不満が出たこともありました。

しかし、Aさんにはある種の魅力があるのも確かで、慕っている人もいたようです。

入社直後だった私は、Aさんから仕事を教えてもらう日々。

しかし、パワハラめいたAさんの言動により、ストレスで過呼吸になったこともあったくらいです。

ある朝のこと、出勤するために電車に乗っていたときに突然、私は過呼吸状態に。

そんなこと初めての経験で驚いてしまい、次の停車駅で下車して、駅員さんに助けを求めました。

その駅から近い病院で診察を受け、軽いパニック症候群だと診断されました。

Aさんの言動によって大きなストレスを感じていたのだと、自分で改めて感じた瞬間でした。

私だけでなく、Aさんの暴言ともいえる発言やパワハラで、退職に追い込まれた人も何人もいます。

私と仲がよかった同僚だけでも、Aさんのせいで2人退職しました。

しかし、私が入社してから2年後のこと、なんとAさんは突然退職して起業したのです。

今後はもうAさんに関わらなくてもよいと思うと、当時の私は心の底からほっとしました。

Aさんの退職後は、会社に行くのが毎日楽しくなりました。

Aさんと同じ職場で過ごしたのはたった2年という短い期間。

しかし、当時の私には、永遠とも思えるような長い長い2年間でした。

Aさんが退職してさらに数年後、Aさんの訃報を聞きました。

Aさんはまだ50代半でしたが、遺体が発見されたのは死亡から1週間以上経過してからだったそうです。

いわゆる孤独死というやつでしょう。

訃報を聞いたものの、私の会社からは誰もAさんのお葬式に行きませんでした。

お葬式に出席して、Aさんの死を悔やみたいと考えるは、1人もいなかったのだと思います。

死に様には、どんな人生を生きたかが映し出されるといいます。

Aさんのように、お葬式にさえ来てもらえない人もいるのです。

せめて死んだときに、周りの人に悔やんでもらえるような生き方をしたいな、と思わされた出来事でした。

関連の体験記:自分勝手な退職をした元従業員に1年越しの反撃! ねぇ、気に入らないのは「お互い様」だと知ってる?
関連の体験記:息子とその彼女を見て甦る「愛する人の母親」の存在。「嫌味な義母」を恨んだ経験に今思うこと
関連の体験記:「みんな僻んでいるのね」小説講座で出会ったのは...53歳、物書き志望の「凄まじい自信家」女性

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

寂しいお葬式?まるで見てきたかのようなタイトルですね。その会社から誰も参列しなかっただけでしょ?友人知人はたくさんいたかもしれないよね。気に入らない人=寂しい最後、にしたくてたまらないのですね。
同僚が参列しなかったから誰も悔やむ気持ちがない?投稿者さんと同じように冷たい人ばかりの会社なんですか? 自分の得にならない人はその死を悼むことすらしないというのは人としてどうかと思う。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP