食の細くなってきた姑を元気にするために!「みんなで味噌汁計画」/ゆらりゆうら

介護福祉士をしながら、介護のあれこれ漫画にしてます、ゆらりゆうらと申します。

前回の記事:家族の代わりになれなくても...。ヘルパーならではの役割

丁々発止の戦いを繰り広げてきた姑ですが‥年老いて、すっかり弱ってしまって...

そうなると、まだまだ今までの恨み晴らしてないので、元気になってほしい嫁の複雑な思い...

みんなで味噌汁1 (1).jpg

みんなで味噌汁2.jpg

姑は、重度の顎関節症で、口腔外科にも通っていますが、改善は難しいといわれています。

そこで、柔らかい食事を用意したのですが、食が細くなったのもあって食べてくれないですし、栄養補助食品もあまり美味しく思えないらしく...

どうしたものかと頭を抱えた時、ふと思いついたのが、姑は一人で食べるより、家族みんなで食べる方を好むということ。

朝、昼は家族揃うのは難しいけど、夜ならなんとか揃うことができます。

その時、家族全員と姑も食べられるメニューを一ついれたら良いのではないか...

「味噌汁なら姑も食べられるし、家族の健康にもいい!みんなで夕ご飯の時は、必ず味噌汁をつけよう!」そう思い立って始めた「みんなで味噌汁計画」

...すっかり習慣になり姑も、食べ終わったあと、「ああ美味しかった!ごちそうさま!」と言ってくれるようになりました。

みんなで囲む夕食が、いつまでも続くように...今日も味噌汁を作るおかんなのでした。

最初から読む:アラフィフ専業主婦が姑&小姑の態度に一念発起!ヘルパーおかん誕生

【まとめ読み】アラフィフで介護職へ!ゆらりゆうらさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ゆらりゆうら

ブログ「ヘルパーおかん。アラフィフ専業主婦からのハローワーク」主宰。ダンナ、息子、娘、そして姑と同居する、資格なし・特技なしのアラフィフの専業主婦が、独り立ちを目論みヘルパーに! 現在、ヘルパーおかんとして奮闘中! 著書にコミックエッセイ『アラフィフでヘルパーはじめました』がある。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP