家族の代わりになれなくても...。ヘルパーならではの役割/ゆらりゆうら

介護福祉士として働きながら、漫画を描いております、ゆらりゆうらと申します。

前回の記事:介護の現場から。ポジティブに生きるかネガティブに生きるかは自分次第

かつて、介護は家族中心、しかも娘や嫁が担って当然という風潮でした。

今はかなり、変わってきましたが。

家族よりも1.jpg家族よりも2.jpg...普通に考えて、やはり子どもや嫁にシモの世話って、抵抗ある方が多いと思うのです。

「他人に仕事としてやってもらえた方が...」とおっしゃられる方、多いです。

ヘルパーは、家族の代わりになれなくても...

家族のレスパイトケア、本人様の尊厳を守る...そんな役割を果たせると思うのです。

最初から読む:アラフィフ専業主婦が姑&小姑の態度に一念発起!ヘルパーおかん誕生

【まとめ読み】アラフィフで介護職へ!ゆらりゆうらさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ゆらりゆうら


ブログ「ヘルパーおかん。アラフィフ専業主婦からのハローワーク」主宰。ダンナ、息子、娘、そして姑と同居する、資格なし・特技なしのアラフィフの専業主婦が、独り立ちを目論みヘルパーに! 現在、ヘルパーおかんとして奮闘中! 著書にコミックエッセイ『アラフィフでヘルパーはじめました』がある。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP