無言の食卓には普段出されない料理が並ぶ...夫婦喧嘩をした母が作った「トラウマ料理」

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:みかん
性別:女
年齢:44
プロフィール:眼鏡をブルーライトカットに変えましたが、効果が分からず残念でした。

50.jpg

両親(父親76歳、母親73歳)の夫婦喧嘩は、怒りをぶつけあうのではなく、お互いイライラして無口になるタイプです。

会話がなくなったり、ドアや冷蔵庫を締める音が大きくなったり、皿を置く音が大きくなると夫婦喧嘩中だなということが分かります。

家庭内に気まずい空気が流れ、険悪な雰囲気に子どもは耐えなければなりません。

そして、そんな空気をさらに悪くするのが母親の料理です。

父親は偏食家です。

父親は野菜をあまり好まず、特にニンジンは全く口にしません。

いつもならニンジンを使わない料理を出したり、父親のお皿にはニンジンを入れたりしないように母親が工夫しています。

カレーもシチューもニンジンを父親の皿では避け、肉じゃがなどの煮物にもニンジンを入れていませんでした。

しかし、夫婦喧嘩のときは別。

ニンジンのシリシリや肉より野菜が多い炒め物が食卓に並びます。

小さい頃、父親に似たのか野菜が全く食べられなかった私には地獄のような夕飯でした。

いつもなら「食べられなーい!」と言って母親にパスして食べてもらえるのですが、そんなこと言い出せる雰囲気ではありません。

会話がほとんどなく、箸が食器に当たる音、咀嚼する音が響き渡るだけです。

何も言えないので、鼻で息をせず食べます。

父親も眉間にしわを寄せ、大きなため息をつきながらニンジンや野菜を仕方がなく食べていました。

母親は何でも食べられる人なので、普段は偏食な父親や私に気を使ってメニューを考えていてくれていました。

しかし、夫婦喧嘩をしてイライラしたときは爆発するようです。

「何でも入れて好きなものを作ってしまえー!」

「たまには野菜を思い切り食べてやるー!」

という気持ちになっていたのでしょうね...。

そんな「地獄の夕飯」は2~3日続きます。

子どもの私からしたら本当にいい迷惑です。

「頼むから夫婦喧嘩しないで。巻き添えにしないでー!」

なんて思っていました。

ちなみに父親から母親への反撃はなかったような気がします。

知らないだけかもしれませんが...。

このようなことから、私は結婚して夫婦喧嘩しても、食卓は日常通りと決めています。

私もイライラして無口になるタイプですが、嫌がらせだと思われることはやめようと思ったからです。

先日、久しぶりに実家に帰ったとき、両親が言った言わないという些細な内容の口喧嘩をしていました。

その日の晩ご飯は父親が嫌いなセロリの入ったミネストローネ。

今の私はセロリも克服したのでミネストローネも美味しく食べました。

しかし、空気の悪い食卓は相変わらず。

いまだに続いているんだなぁと感じました。

関連の体験記:共働きの息子夫婦に頼まれ、2歳から預かった孫娘。彼女が「小学校で書いた作文」で嫁との関係が...
関連の体験記:娘には言えないけど...70歳手前、貯蓄はキープしたい私たち夫婦にとって「可愛い孫」への出費が痛い
関連の体験記:「ごめんね、ばあば。でもね...」つないだ手を突然振りほどいた「8歳の孫娘の言葉」にほっこり

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

喧嘩をしても、ご飯を作るお母様は偉いし、文句を言わず食べるお父様も偉い。
腹を立てていても黙って食事の世話をしてくれるお母様は素晴らしいですね。 子供の投稿者さんが野菜が嫌いだからと食べなくてもいいような食事をさせていたのは良くないと思うけど。投稿者さんも嫌いなものは食べなくていいと好きにしていたという事ですよね。出されたものをきちんと食べるお父様も良いですね。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP