コロナ禍なのに我が家で飲み会希望!? 感染防止の意見が合わない友人への不信感は増すばかり...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ぴっぴ
性別:女
年齢:43
プロフィール:小学生の子どもが二人いるパート主婦です。

9.jpg

夫(45歳)の友人である同年代の友人Aさん(40代男性、独身)とは、夫との結婚前からの付き合いです。

とてもいい人で、私も夫もお酒が好きなこともあり、よくみんなでお店や家で飲み会をしていました。

彼は気がいいだけでなくとても親切で、うちに子どもが生まれればお祝いをもって遊びに来てくれたり、屋外でお花見をやるときは子どもと遊んでくれたりもします。

気づけば胡坐をかいた彼の膝にまだ小さかったうちの子どもがちょこんと座っている...なんてこともよくありました。

しかしコロナ禍となってからは、うちは家族以外の人との食事を自粛するようになったため、Aさんともずいぶんご無沙汰です。

Aさんは頻繁にSNSに近況をアップするタイプなので、Aさんの様子は伝わってきますが、そのせいで、モヤモヤすることが増えました。

Aさんは緊急事態宣言下でもおかまいなしで全国各地へ旅行に行き、夜は飲み屋に行く毎日を送っていました。

「不要不急の外出の自粛」が呼びかけられた私たちが住む世界とは、別の世界なのかな...というくらい、自由な行動をしているAさん。

こんな生活をしていて、コロナにかからないのかな...と心配していたのですが、予防をしっかりしているのか、ただ運がいいだけなのかコロナにはかかってはいないようです。

よく旅をし、飲み、食べ、とても楽しそうな生活がうらやましく感じることもありますが、私たち家族は感染リスクを考え、なるべく自粛生活を送っていました。

そんな中、Aさんから夫に久々に連絡がきました。

内容は、「うちで飲み会をしたい。知り合いも何人かつれていっていい?」というものです。

夫からこの話を聞いたとき「は?」と思わず、不機嫌に聞き返してしまいました。

夫は若干飲みたそうでしたが、私はありえないと思いました。

うちの小学生の子どもたちは給食中にしゃべることを禁じられ、黙食しています。

それなのに、大人だけおしゃべりしながらご飯を食べることなんてできるわけがありません。

さらに、「知り合いも何人か」というのは、きっとAさんがいつも飲み歩いている面々だと感じました。

大人数の会食なんてリスクが高いことを、なぜ我が家で行おうとするのでしょうか...。

夫に断ってほしいと伝え、子どもの給食の例を伝えると、夫は確かにそうだよねと断ってくれました。

Aさんからは「そうだよね、分かった。コロナが収まったら飲もうね」と返事がきたそうです。

その後、Aさんは別の友人の家(一人暮らしの方)で、家飲みを開催していました。

SNSでそれを見たとき、いい人だけれどコロナに対する感覚が全く違うとしみじみ思ったのでした。

こんな考え方は自分でも嫌ですが、コロナが収束した後も、ちょっとAさんを見る目が変わってしまいそうです。

もちろんAさんからしたら、私のことを「神経質すぎる」と思っているのかもしれません。

それまでは信頼できるいい友人と感じていたのに、彼との価値観の違いでこんな思いを抱くようになり、残念に思っています。

関連の体験記:あの...同一人物ですか? 勤務中、ほとんど話さない店長が飲み会で「オラオラ」男に豹変し...⁉
関連の体験記:思わずニンマリ。「夫への贈り物のお酒」をリサイクルショップで査定してもらったら...⁉
関連の体験記:同居する義母が救急病院へ! 近くに住む義姉が付き添ってくれた翌日、私に届いた「驚きのメール」

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

その場で断れない旦那さんが危険。嫁が嫌がってるからさーとか言い訳に使いたかったのかな。投稿者の判断には賛成だけど。
よく言われることだけど、非常事態に本性が出る。こんな時に飲み会をする人も、家族を守る気ない人も。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP