ファンデがシワを目立たせる!? 化粧品会社に勤める姪に教えてもらった年相応のメイク術

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:とらとら
性別:女
年齢:52
プロフィール:アラフィフの兼業主婦。毎日欠かさず化粧をしています。

38.jpg

私は今年52歳の兼業主婦です。

独身時代からずっと勤めさせてもらっている職場は、今まで二度ほど産休で長期休みをもらったりしましたが、今ではありがたいことに役職ももらい、毎日元気に出勤しています。

接客業ではないですが、一応社外の方とお会いすることも多い部署にいるので、マスクをする機会が増えた昨今でも化粧は欠かしたことはありません。

ですが、最近「少し化粧のりが悪いな」「シワが目立ち始めたな」と感じていました。

昔から、使用する化粧品にはそれなりに気を付けていたので、疲れているのだろうか、なんて思っていた私。

ビタミン剤を積極的に飲んでみようかとも考えていたのですが、先日親戚の法事に出席した際に、化粧品会社に勤める姪(27歳)に指摘を受け、愕然としました。

「ファンデが悪くてシワに入り込んで余計に老け込んでいるよ」

姪曰く、年相応の化粧の仕方や化粧品の選び方があるんだそうです。

そこで、私は法事のあと自宅に姪を招待して、自分の化粧品や化粧の仕方を見てもらうことにしました。

突然のお願いを心よく引き受けてくれた姪に実際に化粧を見てもらうと、私のメイクの仕方では保湿をしようと下地を塗りすぎてしまっていて、下地がシワに入り込んで目立たせていると言われました。

またパウダーファンデーションを使っていたのですが、それも厚塗りしがちになってしまうようで、さらにシワを目立たせているということでした。

ずっと使っていた化粧品やメイクの仕方を変えないといけないことに多少抵抗はありましたが、姪の意見を参考に、まずファンデーションをリキッドタイプに変えました。

肌になじませながら丁寧に下地を作り、使うファンデーションもヒアルロン酸が入ったものを選ぶようにしました。

またシワが目立つ際は、綿棒などでシワのある場所のファンデーションを取り除くようにしたところ、目じりの細かなシワなどは、自分でも目立たなくなった気がします。

また、マスクをしているときに口元のファンデーションが崩れ、食事のときなどにほうれい線が気になっていたのですが、その解決方法も教えてもらいました。

ヒアルロン酸の入った保湿液で入念にケアし、ファンデーションを気持ち薄く延ばすようにして、下地を丁寧に作るよう心掛けると、以前ほどはっきり出なくなったような気がしています。

おかげで職場でも「最近なんか始めた? 肌とか若返ったような気がするんだけど」と同世代の同僚にも言われるようになりました。

ますます化粧をして仕事に行くのが楽しくなったので、姪には本当に感謝しています。

関連の体験記:80歳の義母がミニスカ履いて下着がチラ...若く見られて調子にのり「どっちが母親かわからない?」
関連の体験記:娘の学費のため...50代・シングルマザーの私がホームセンターで始めた「ハードな副業」奮闘記
関連の体験記:「この前の、いくら残ってる?」ってお義母さん、息子の進学費用の足しにってくれたはずじゃ⁉

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

ある芸人さんのネタで、行き着く先は皺の中、というのがあったけれど本当にそうなるんですね。 身近に教えてくれる人がいて羨ましいです。
個人差はあるけど、歳を取れば取るほどファンデやアイメイクは薄くしたほうがいい。ガッツリメイクが似合うのは若い子だけ。歳をとるごとに、日常生活を含めたスキンケアを丁寧にしていくのが一番。
いますよね、2〜30年前とおんなじファンデつかってるんじゃないか?って人。 スキンケアだって年齢やお肌に合わせて変えてきましたよね?それと同じだと思います。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP