「見積りいらない。やっちゃって」とニコニコしていたお客様が豹変。「払えない。無理」だと!?

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:みけ
性別:女
年齢:51
プロフィール:両親と同じ敷地内に住んでいる51歳自営業。

1.jpg

うちは建設業を営んでいます。

ついこの間のことです。

いつも月末にお支払いをしてくれるお客様から、当日の朝、一本の電話がありました。

てっきりいつも通り「集金に来て」と言われるものと思いながら電話を取ったところ、予想外の言葉が飛び出しました。

「あんな高い金額払えない! 業者と相談しろ」

私が仲介して請負った業者さんからの請求額が想定以上で、お怒りのようです。

しかし、請求書を直接お渡ししたのは先月の末。

なぜ、今? ひと月も温めてからの苦情にも驚きましたが、今さら「相談」と言われても困ってしまいました。

取り敢えず相談してみると答えて電話を切りましたが、思わず「だから言ったじゃないですか」とため息が出ました。

そのお客様も同じ建設業を営んでいて、何度か仕事をいただききましたが、一度も「見積りを作って」と言われたことはありません。

流れとして「見積りお出しします」と言っても、いつも「いらない」と言われ、工事も比較的自由に任せていただいてきました。

見積りがないので、工事内容の変更も追加工事もなく、さらにはお金についても不満を言われたことがないというありがたいお客様でした。

ですが、今回に関しては、工事を進めていく過程でいくつか簡単ではない追加工事の必要が発生したのです。

ちょっと不安を覚えたので「お見積りをお作りましょうか?」と伺いました。

しかし、お客様はニコニコ顔で「いらないよ、作業しちゃって」と、確認することもなかったのです。

今まで見積りを求めたことがないのと、建設業では大先輩でもある方なので、それ以上「見積りを作らせろ」とも言えませんでした。

それでもスッキリせずに「大丈夫ですか?」と、軽く念を押したのですが、お客様は「大丈夫だよ。やっちゃってよ」とノリノリでゴーサインを出したのでした。

そして、その結果が「払えない!」の怒りですから、呆然としてしばらく身動きできませんでした。

翌日、気を取り直して、少しお値引きすると電話すると「無理」と一言。

「子どもかいっ!」思わず心の中で叫んでしまいました。

結局、今のところ半分しか払っていただいておりませんが、どうしてこんな仕打ちをされるのか。

工事日の調整や、突然の呼び出しにも業者さんと対応して遅くまで作業をした日もありました。

そうやって一生懸命にやった仕事だっただけにガッカリです。

良い関係を築いていると思っていたので、最初は悲しみばかりでしたが、時間が経った今は八つ当たりのような理不尽な展開に怒りを感じています。

関連の体験記:最期までお母さんらしかったね。お疲れ様でした。ありがとう。
関連の体験記:腫瘍が見つかった40歳の妻が書いていたエンディングノート。最後の一行に...涙があふれた私
関連の体験記:なぜ、外に出た...? 雨の日にずぶ濡れで帰宅し、亡くなった認知症の母。思い当たる理由に涙が...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

え?理不尽?追加工事が必要であることや以前のものと比べて高額になることを一言でも伝えていますか?相手が見積いらないっていったからー、なんてそれこそ子供か。悪いのは全て自分以外。よく社会で生活できますね。
いい加減な仕事をして痛い目を見ただけですよね。 見積書を流れでだすんですか?口頭でもどれくらい金額が上乗せになるか伝えていないんですよね?軽く念押し、は念押しにはならない。一生懸命仕事をするのは当たり前。 やれることをこれ以上ないくらいやって文句を言われたならまだしも、やるべきことをやらずにお叱りを受けて理不尽とは言わないのでは? そういうゆる〜い仕事していてはお叱りを受けることがあるのは必然。自分や会社を守るためにも最低限必要なことはやらないと。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP