義母を連れてショートステイ見学へ。ホテルみたいにきれいだけど気になることも.../山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

義両親の在宅介護の様子を嫁の目線で綴ったブログ『13番さんのあな―介護家庭の日常―(現・13番さんのつぼ)』。ここに書いてきた13年間の記録をもとに今の気持ちを織り交ぜつつ、改めて当時のことを振り返ってみようと思います。

前回の記事:「入院になるかも...」嫁の緊急事態発生! わがまま放題の義父はそのとき.../山田あしゅら

義母のショートステイ利用。

義父の承諾を得ることが出来てやれやれといったところですがすぐに利用が始められるわけではありません。

私たちが住んでいる『わりば市』(仮の地名です。)はそこそこ田舎で、当時はまだ介護施設がそれほど多くはありませんでした。

ショートステイもしかり。

あれこれ選ぶ余地もなく、数か所のうち、家から割と近いところという基準で施設を決めました。

1.jpg

ケアマネおーさんの勧めもあり、まずは義母を連れて見学に行くことに。

見学したのは最近出来たばかりで、ショートステイのほかデイサービス、特別養護老人ホームなどが併設された複合施設でした。

施設の外観はとても立派。

ぱっと見、高齢者施設には見えません。

2.jpg

屋内もショートステイ部分は全室が個室で建物が新しいだけにどこもピカピカ。

それぞれにトイレがついていてベッドが介護ベッドでなかったら普通のホテルの居室のようです。

3.jpg

設備だけをいえば申し分ないのですが、ただ、見て回った印象で少々気になったのはスタッフが少ないことでした。

4.jpg

見学に行ったのが平日だったせいか(ショートステイは日曜、祝日の方が混むようです)

利用者の人数も少なめでしたがそれでも利用者とスタッフの人数がやや見合ってないようで(基準は満たしているのでしょうが)忙しそうに走り回るスタッフの姿が目につきました。

また併設されているはずの特別養護老人ホームの出入り口は灯りがついておらずひっそりとしています。

建ったばかりで人員が確保できてないのかな?と少し違和感を覚えたものの、長期利用する施設でもないことから

9.jpg

と、結局スルー。

しかし、この違和感。

後々になって、色んな形に現れることになっていきます。

さて、見学を済ませた後、利用したいとおーさんに伝えると

すぐに

5.jpg

と電話がかかってきました。

施設数が少ないだけにショートステイはどこも盛況で予約を取るのは早い者勝ち。

特に土日祝日を跨いで取ろうと思ったら2か月前の予約が必要とのことでした。

6.jpg

今回、私の入院(かも知れない)案件がショート利用の発端となりましたが

7.jpg

まだ検査段階で、猶予がある話だったから良かったのです。

介護は終わりが見通せないものですが、先行き不透明なのは被介護者だけではありません。

介護者自身も待ったなしの状況がありうることを考えると先の準備は実に重要である・・・。

この時心からそう思った次第です。

ただし・・・

8.jpg

切羽詰まった時は周りに助けを求めることもまた重要ですけどね。

【次のエピソード】ショートステイの契約手続きへ。大変なこれ、何とかならないものかしら/山田あしゅら

【最初から読む】義両親の様子がおかしい...介護生活がはじまった日/山田あしゅら

【まとめ読み】義父母の介護での「事件」満載!山田あしゅらさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

山田あしゅら

まもなく60代を迎える主婦。3人の息子は巣立ち、孫が2人いるおばあちゃん。 義父・太郎を平成31年4月(享年90歳)、義母・はな子を令和2年11(享年95歳)をそれぞれ見送り、現在は夫と二人暮らしをしている。 13年間にわたり義父母の介護の奮闘を綴ったAmebaブログ 「13番さんのあなー介護家庭の日常(現・13番さんのつぼ)」をもとに 平成29年7月『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を出版。

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

山田あしゅらさんのブログ:13番さんのつぼ

コメント一覧

いつも読ませて頂きました 我が家も13番さんと同じ80代二人健在な時から先の心配ばかり考えてヤキモキしてました 皆 無知なのに判った気になり愚痴ってました 介護を仕事と思えば中々大変ですが忙しいと心が入りません 看取りなどと口にしても過ぎてしまうと後悔もありますね

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP