閉経後も続いた不正出血...。病院で治療したが、なんとも不思議な気持ちに

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:Ketch
性別:女
年齢:56
プロフィール:海外在住25年、バツイチ独り者。人生の失敗の数々を回収すべく奮闘中です。

16.jpg

4年前、52歳の頃の話です。

その頃は、5~6年と長く続く不正出血が気になっていました。

しかし仕事が忙しいのと、離婚した後で精神的にも生活にも余裕がなかったため、ついつい放置してしまいました。

特に痛みがあるわけでもなく、すでに閉経を迎えていた時期も挟んでいましたので、更年期の影響かな、という程度に考えていました。

もともと月経周期が乱れがちだったこともあって、危機感など持っていなかったと思います。

不正出血もあまりに長く続くと、それが当たり前になってしまい、その量にたいした変化がないなら大丈夫、みたいな妙な自信が出てきたりもしました。

ですが、30代でなかなか治らないひどい腰痛から卵巣嚢腫が発覚し、手術をした経験があった私。

あとでこじらせるよりはいいかなとようやく重い腰を上げ、個人病院の婦人科に行きました。

「ああ、これはできてますね。子宮にポリープができてます。だいぶ大きくて当院では対応できませんので、総合病院に行ってください。紹介状を出しますので」

そう言われた私はびっくりです。

そんなすぐに原因がわかるようなものだとは思っていなかったので、せいぜい「まあ様子を見ましょう」と言われるくらいなのではと予測していたのです。

でも、同時にはっきり言われてほっとしました。

原因が分からないのが一番厄介ですもんね。

後日、紹介された総合病院で精密検査を受けたところ幸い良性で、簡単な手術で処置してもらえることになりました。

そして手術を受け、すぐに帰宅。

ちょっと重い生理痛のような鈍痛が2日ほど続いた後は、特に症状もありませんでした。

そしてずっと当たり前のようにあった不正出血は、当然ながらぱたっとなくなりました。

不思議なもので、すっきりした気持ちと同時に、ちょっとした寂しさがあったのを覚えています。

閉経後も続く不正出血。本当はよくないものと知りながらも、なんとなく、「まだ完全な閉経じゃないのかな」みたいな気持ちだったのかと、後になって気づきました。

月経がひどい方で、ずっと面倒だと思っていたけれど、終わってみるとなんとなく寂しいんですね。

もしもの時のために、と取っておいた生理用品を全て処理したのは、それからさらに数年あとでした。

ちょっぴり往生際の悪かった私の気持ち、今ではすっきりさっぱりです。

長く続いた月経とのお別れの儀式だったかな、とさえ思えるような出来事でした。

関連の体験記:「51歳、ついに閉経かあ」と思ったら様子がおかしい⁉ ついネット検索して「負のループ」に.../中島めめ
関連の体験記:「話があるの」兄と二人、呼ばれて帰った実家で...79歳の母から告白された「驚きの話」
関連の体験記:100歳で亡くなった義母。結婚して36年、義母の仕打ちが本当にしんどかった...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

もっと早くに病院へ行くべきでしたね。今の所それだけで済んだようなので良かったというか何というか。離婚なんかしていたら余計大事にしないと。誰も面倒見てくれないんだから。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP