「てめえのせいで仕事が増えた」「旦那は甲斐性なし」うつ病の私に追い打ちをかけた上司の暴言

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:むらまゆ
性別:女
年齢:44
プロフィール:専業主婦。5年前まで21年間勤めていました。息子は17歳の高校生、夫は46歳の公務員です。夫とは職場結婚です。

3.jpg

つい最近、役職付きになった夫がぽつりと言いました。

「当時のあなたのような人が部下にいるけど、僕はあんなこと1ミリも思わないなあ。あの課長の真意をはかりかねるよ」

夫が言う「あの人」とは、今から14年前、私が30歳だった時の先輩(30代後半男性)のことです。

当時私はその先輩から高圧的な指示を受け、できないと全員の前でなじられていました。

自覚はなかったのですが、周りに言わせるとまさに「いじめ」という状態だったそうです。

その頃から私の体に異変が表れ始めました。

感情が消える、一睡もできない、ごはんの味がしない、深夜突然泣き出す、手が震えて字が書けない、そんなことが2週間以上続きました。

今ならうつ病の症状だとすぐ分かります。

ただ、私は結婚前の22歳の時に一度目の自殺未遂をしたことがありました。

そして、その時に実母(当時44歳)から言われた言葉が、その頃の私の行動を制限していたのです。

「うつ病はなまけ病と言うんだよ。この世にうつ病というのは存在しない」

当時の私はそんな言葉を真に受けていて、「私はただなまけたいからこんな状態になっているんだ」と思っていました。

一生懸命どうにかしようとしては、できない自分を自分自身でなじっていました。

しかし夫の反応は違いました。

「もう病院に行こう。明日僕がついていくから」

そう言われ翌日行ったところ「うつ病と適応障害」という病名がつきました。

その後職場と話し合い、数週間休んで病状が治まったので仕事復帰しましたが、地獄でした。

私をいじめた先輩は私の机を両手でたたき、罵詈雑言を浴びせたのです。

「てめえのせいで仕事が増えた。できそこないはいらねえ。さっさとうせろ!」

係長(当時40代前半、男性)からは「残念だよ」、課長(当時50代後半、男性)からは「新しい人を入れたいから、退職届を書いて子育てに専念しよう」。

上司の誰もが私をかばいませんでした。

そしてこの課長は、別部署の夫の職場(夫とは職場結婚です)に突然アポなしで現れ、こういったそうです。

「仕事を今すぐ辞めてほしい。あなたが養えばいいではないですか」

夫はもちろん反論しました。

「なぜあなたに指示されないといけないのか分かりません」

「うつ病なら療養させればいい。子育てに専念すればいいでしょう」

「子育てについてあなたにとやかく言われる筋合いはありません」

「甲斐性なしの旦那を持つと大変ですね」

課長は悪態だけ吐いて帰って行ったそうです。

「もう君の仕事の関係者が来ても無視するから」

夫は怒りに震えながら帰ってきて、私にそう言いました。

夫には申し訳ない、嫌な思いをさせてしまったと謝罪しました。

その後、私は課長に呼び出されました。

そこで夫に言った内容と同じ事を言われたので、私も言い返しました。

「男の人の場合でも同じ事を言いますか? 奥さんに養ってもらえばいい、奥さんは甲斐性がない、あなたは子育てに専念しろと?」

課長は黙ってしまいましたが、謝りませんでした。

その後私は異動する事になりました。

ただ、異動先が同じビルの別の部署だったので、例の先輩に出くわすとつばを吐かれ、「この給料泥棒が!」という暴言を吐かれ続けました。

私は現在も治療を続けています。

睡眠薬がないと全く眠ることができず、今も人が怖いです。

しかし、あんな人たちに負けたくないので、前に向かって行こうと思っています。

関連の体験記:気づいてしまった...中学校の給食室で働いていた私が目撃した、栄養士の「ある行為とその顛末」
関連の体験記:離婚して出戻った姉。70歳の母に3人の子供の世話をさせ、自分は漫画を読みふけり...
関連の体験記:なぜ、外に出た...? 雨の日にずぶ濡れで帰宅し、亡くなった認知症の母。思い当たる理由に涙が...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

録音録画して、上司家族や役員達に送りつけてみたいですね。ラップ調に加工してyou tubeに上げたら面白そうw
他の方にしわ寄せがくるのは間違いなかったでしょうが、そんな言い方ないですね。というか言ってはいけない内容。 旦那さんは会社に対して行動しなかったの?まぁこんな状況じゃ辞めさせるよね妻が大切だもの。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP