トイレのドアがない? 家族に見られてもOK? 不思議な家庭内ルールに仰天!

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:しらたま
性別:女
年齢:46
プロフィール:花の写真を撮影するのが趣味の私。たくさんの花が咲くのが楽しみです。今年はミモザの撮影に挑戦!

3.jpg

私は46歳、一つ年下の夫と、10代娘との3人暮らしです。

職場の同僚として出会ったAから聞いて驚いた、彼女の実家の話です。

Aは30代後半の女性です。

彼女の実家は、数年前に建て替えを行ったそうです。

広々としたモダンな作りで、Aは実家に帰省するのがいつも楽しみだと話してくれました。

いいな~なんて呑気に話を聞いていたのですが、内装について話を聞いていてふと引っかかったことが一つ。

え? トイレにドアがないってどういうこと? ドアはないけど壁はある? え?

実際にAの実家に行ったことがないため、話を聞いてもどんなトイレなのか、いまいちピンとこないので、写真を見せてもらいました。

写真を見ると、トイレには確かにドアがありません。

脱衣所や風呂場、洗面所とトイレが一体化した広々とした空間の一角に、まるでオブジェのように便器が設置されています。

浴槽や洗い場は、スペースの一番奥にあるガラス扉の向こう。

まるで海外の高級ホテルのバスルームのような、空間を贅沢に使った、素敵な造りです。

建築に興味があるという、Aのお父さんが設計に関わったらしく、こだわりが見て取れる、印象的なデザインでした。

同僚Aの実家の素敵な空間には憧れますし、調べてみると、海外ではAの実家のようにバスルームとトイレが同じ空間にあるのは珍しくないみたいですね。

しかし問題は、同僚Aの実家の変な家庭内ルール。

トイレに誰かがいても、バスルームに入るのはOKなのだそう。

確かに、誰かがトイレを使っていても、別の用事で洗面台を利用したいタイミングもあるかもしれません。

でも、普通はトイレを使い終わって、出るのを待つものではないでしょうか。

ですがAの実家では、トイレ中の人がいても、他の家族がそのスペースに入って洗面所で手を洗ったり、お風呂にも入るといいます。

またなんと、トイレ中の家族と、普通に会話もするそうです。

同僚はこの家族ルールについてごく当然のこと、という感じで話してくれました。

しかし話を聞いた時には、私だけでなく、周りにいた会社の同僚たちもびっくりでした。

ちなみにAの実家があるのは、東京から新幹線でも数時間はかかる地方都市。

私が訪問する機会はないでしょうが、もし、行くことがあっても、トイレに行くのを我慢してしまいそう。

だって、トイレに行っている時に、Aの家族が当たり前のように入ってきたら困ってしまいますものね。

それとも親しい関係なら気にしないものなのでしょうか、私が気にしすぎなのでしょうか...。

やはり用を足している間は入ってきてほしくないし、会話もしたくないと思ってしまいます。

みなさんはこういうトイレ、ありですか? それともなしですか? 

関連の体験記:夫の実家の異様な食事風景。座ることも許されず壁に向かって立たされた私/かづ
関連の体験記:同居する義母が救急病院へ! 近くに住む義姉が付き添ってくれた翌日、私に届いた「驚きのメール」
関連の体験記:うわっ! 実家のトイレでフリーズした私。きれい好きだったはずの母が心配になった「衝撃的な出来事」

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

自分はなしです。一番のプライベート空間、なんならお風呂より見られたくない。 リビングにお手洗いを設置する間取りが流行ったこともあるけれどそれも凄くいやだった。 そうやって育つと一般社会で困ることがおきそう。
生理用品の交換中に見られる可能性があるってこと?無理ですよ!

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP