70代の両親と大笑いした日。実家にあったバブル香る紫のスーツを、当時より15kg増なのに着てみたら...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:梅の実
性別:女
年齢:49
プロフィール:バブル期の楽しい思い出を、若い世代の友人に話して笑わせることが好きです。

23.jpg

遠く離れた九州に住む私の母(76歳)は、物をほとんど捨てずに大事にとっておく人です。

年に一度くらいしか帰省できていないのですが、帰った時の部屋着は私が高校の時に着ていたもう35年くらい前のもの、なんてこともあります。

コロナ禍になる前の2020年1月に帰省した時のことです。

「そうそう、この前納屋を整理していたら(私が着ていた)スーツが出てきのよ」

母がそう言って紫のスーツを持ってきました。

紫のスーツなんて持ってたかなあ...? なんて思いながら母が持ってきたそのスーツを見た瞬間、思わず声を出して笑ってしまった私。

というのも、そのスーツは忘れもしない30年前、私がバブルを謳歌していた時代に着ていた、あの頃の香りがプンプン匂うものだったのです。

しかし本当に、当時こんなスーツを着ていたんですよね、私。

しかも通勤着として愛用していたとは...。

そのスーツは改めてみるとすごいデザインでした。

ジャケットは、大きすぎる肩パッドで肩がすごくとんがっていて、前身頃はダブルの金ボタン。

金ボタンには金のチェーンまで付いているではありませんか。

下はすごくタイトなスカートで、丈は膝くらいまであるけれど、後ろのスリットはお尻が見えそうなほど深く入っています。

「まだキレイだし、着られるかなと思ってとっておいたのよね」

「いやいやいや...状態がよくてもこのデザインは無理でしょう!」

母は自分で言いながら既に笑っていました。

一緒にいた父(76歳)も爆笑し、私も笑いが止まりませんでした。

そしてデザイン以前に、細すぎて絶対着られません。

その頃、つまり30年近く前の私は、今より体重が15kgくらい痩せていたのです。

あまりにもおかしくて、着てみようとした私でしたが、スカートは太もものあたりでストップ...はけません。

ジャケットなんて袖を通そうと思ったら二の腕が通りません。

前のボタンは閉まるわけもない!

見ていた両親も着ようとしていた私も笑いが止まらず、笑いすぎて涙が出てきてしまいました。

しばらく経って、やっと笑いと涙が落ち着いた頃、母が言いました。

「ぽっちゃりしても私たちの可愛い娘には変わりないわよ!」

そういったとたん、またなぜか笑い出した母と父につられ、私もまた笑ってしまったのですが、ちょっと嬉しかったです。

そのスーツはその後捨てられるわけでもなく、また納屋にしまわれていきましたが、面白い思い出としてとっておくつもりなのでしょうか?

因みに母親はすごく小柄な体型なので、もしかしたらあのスーツが着られるかも? と思い後日電話でそう言ってみたのですが、案の定電話の先で爆笑。

「ちょっと~お父さん聞いてよ!」

そばにいたらしき父にも伝えてまた2人で爆笑。

楽しい両親の子でよかったなあと、思いました。

関連の体験記:結婚に反対した長女が泣いている...。次女の彼氏との顔合わせで見えた「父子家庭で育った姉妹の絆」
関連の体験記:ああ、見てしまった...私が介護する86歳の義母が、介護を手伝ってくれない義姉に「こっそりお金を渡す姿」
関連の体験記:最期までお母さんらしかったね。お疲れ様でした。ありがとう。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

え、現49歳はバブル期なの?やめて、違うから。
匿名さんから匿名さんへの返信 | 2021.05.07
バブル期って1986〜1990年頃のことらしいですね。 母が当時20歳前後だと思うけど、バブルの話を聞かせてくれたことがあるので30年前にすでにそこそこの年齢ならバブル期を経験してるという意味ではあながち間違いでは無いと思いますよ? ディスコとかお立ち台?とかいうのも聞いたことはあるけど、バブル期のものなんでしょうか?
匿名さんから匿名さんへの返信 | 2021.06.05
投稿者さんくらいの年齢の先輩方にバブル時代の話を聞いたことがあります。肩パットは鉄板ですね。タクシー代でたとか、お財布持たないで出かけてのませてもらうとか普通だって言っていました。土地柄や環境もあるでしょうね。時代はバブルでも匿名さんは遊ばなかっただけでは?

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP