テレビの占いを見たから...⁉ 早くに亡くなった高校の同級生が夢に出て来てくれて...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:春色シフォン
性別:女
年齢:55
プロフィール:どうやら、ついに花粉症デビューしてしまったようです。症状を軽くするための方法をいろいろと試してみる日々です。

23.jpg

私自身は、これまで占いのたぐいを信じたことがありません。

信じていないと言うよりは、あまり気にしたことがなかった、と言う方が近いかもしれません。

しかし先日、占いを信じてもいいかもしれないと思ったことがあったので、ご紹介したいと思います。

ある朝のことです。

天気予報を確認するために付けていたテレビのニュースで、星座別占いが流れました。

私の星座の占い結果は「懐かしい人に会えるかも」という内容。

懐かしい人か...会いたい人がいたかな? と考えましたが、朝のあわただしさに、そんなことはすぐに忘れてしまいました。

しかしその夜のこと。

なんと夢に亡くなった友人が出てきたのです。

目が覚めてから、なんだかなつかしい夢を見た気がするなあと、ぼんやりと思い出していました。

そういえば友人Aもいたような気がする。

その時ふと「懐かしい人に会えるかも」という、テレビの占いを思い出したのです。

地元で高校の同級生だったAは、40代後半の頃、病気で亡くなりました。

Aはガンでとても進行が早かったと聞きました。

当時私はまだ子供も小さく、しかもAのお葬式はちょうど主人がケガで入院していた時のことでした。

地元を離れている私は、その時どうしてもAのお葬式に行く時間を作ることができませんでした。

その後、帰省した際にお墓参りはできたのですが、直接お別れできなかったことが、ずっと気にかかっていたのです。

夢の中で、私は高校生でした。

私は当時の友人たちと、故郷の繁華街を歩いてました。

そして、そこに友人Aもいたのです。

私たちはどこかに遊びに出かけた帰りらしく、みんなでしきりに楽しかったねと言い合っていました。

その時Aが私の方を向いて、「本当に楽しかったね、またね」ととびきりの笑顔で言ったのです。

私も「うん、またね」と答えました。

夢で見た高校時代は、私がAと一番親しかった時期です。

いつもにこにこと笑顔で、穏やかな性格だったA。

私たちは一緒に出かけたり、いろんな話をしたり、たくさんの時間を過ごしました。

夢の中のAの笑顔はあの頃のAのままでした。

今年はちょうど、Aの七回忌です。

Aは私にお別れを言いに来てくれたんだと思いました。

さりげなくて、でもそれがとてもAらしくも感じました。

とても嬉しく思いました。

テレビで占いを見ていたから、Aが会いにきてくれたことに気づけたのだと思います。

占いっていいものかもしれないと、素直に嬉しいと感じた出来事でした。

関連の体験記:「孫はみんな可愛いよ。でもね...」アラフィフの私の心がほっこりした「母の意外な言葉」

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP