そんなものでも爪とぎしちゃうの!?室内飼いの工夫とは?/フニャコ

甘えん坊猫のぺーやんと、スミちゃんの里親のフニャコです。

年末年始は出かける機会が多かったのですが、半日家を空けると猫たちに会いたくなってそわそわしてしまいます。

前回の記事:保護猫の里親になる条件は?20年一緒に暮らすということ

私が猫を迎えた時は、ペット可のアパートで、その後、注文住宅の一戸建てに移りました。

それぞれ気になったことなどを挙げていきたいと思います。

里親となる条件に「完全室内飼い」は必ずあると思いますが、もし野良猫を拾っていた場合でも完全室内飼いにする予定でした。

外に出ることによって病気をもらったり、他所様の敷地で糞尿をする可能性もあります。

image1.png

また、完全室内飼いにしたくても、外への興味が強い猫ちゃんは脱走の危険があります。玄関ドアへは、ワンクッションあると安心です。

私が住んでいたペット可のアパートは、構造は全く普通のアパートなのでリビングからすぐ玄関ドアが見える状態でした。今は賃貸でも取り付けられる、ツッパリ棒形式のドアも販売されているようです。

私が里親になった当時はそういう商品が探してもなくて、DIYしました。見てくれは酷いものでしたが、これがあることで安心感もありました。

image2.png

一戸建てでは、玄関入ってすぐまた扉という造りにしています。

あと、アパートの時に困ったのは、やはり爪とぎです。ペット可とはいえ、元の状態と比べてボロボロになってると修繕費が...!ぺーやんとスミちゃんがよく研いでしまう壁紙には、玄関前の扉にも使った、プラスチックダンボールを貼っていました。

image3.png

一戸建てでは、壁紙を選ぶ時に「ペット用壁紙」というものがあったので見た目はあまり選べませんが、それにしました。普通の壁紙でしか研がなくなり、効果は高かったです。

image5.png

あと、外を見せてあげたいと思って猫タワーは窓際に置いていますが、近くのカーテンはボロボロです...。

ソファを買う時も、ボロボロにされてしまうので、ファブリック素材や高いものは避けています。

今は合皮のソファなのでぺーやんは研ぎませんが、それでもスミちゃんはたまに研ぎます。

スミちゃんはどんなものでも研いじゃうので、iPadのケースでも研いじゃいます...。

image6.png

...それでも可愛いと思えちゃう猫の魅力...恐るべしです。

そばにいるだけで幸せです。

次の記事はこちら:布団の上、カバンの中...そこはトイレじゃなーい!猫の粗相に悩んでいた頃

関連記事:破壊神!?子犬との生活でオススメしたい心構え/宮路ひま

フニャコ

娘が小学生に上がる頃に猫2匹を迎え、絵日記ブログにて猫と家族との日常を更新中

ブログ:おそらくその平凡こそ幸せ 

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP