「週末は楽しいけど、週明け疲れちゃう...」そんな45歳の私が見つけた「月曜日のリセット」方法

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:こえど
性別:45
年齢:女
プロフィール:アクティブ4人家族。旅行に行ったり、公園に行ったり家族の時間を大切にしています。

5.jpg

私の家族は、主人と小学生、幼稚園の子ども4人家族。

家族全員、家の中でじっとしているのは苦手で、お休みの土日は、家族そろってお出かけすることが多いです。

計画を立てて遠出をすることもあれば、お弁当を持って近所の公園でのんびり一日過ごすことも。

子どもたちも楽しそうだし、満足そうな表情を見てリフレッシュしているはずなのですが......なんだか月曜日の朝は疲れ気味。

頑張りたいけど頑張れないということありませんか?

よく考えたら、休みとはいえ、家族の食事の支度、お出かけ前に掃除をしちゃおう! など、けっこう忙しく動いているし、生活リズムが崩れているんですよね。

心と体がうまく切り替えられず、なんとなく一週間を疲れたまま過ぎてしまうという、私と同年代の方は多いのではないでしょうか。

この状況を打破したい!

そのために私は「月曜日に心も体もリセットする」ということを心がけています。

月曜日にリセットしちゃえば、この後は楽ちん!

私の健康法はこちらです。

もともと体を動かすことが好きな私は、ヨガを趣味にしていました。

本当は月曜日からどんどん動きたいのですが、あえて「週の初めだから頑張ろう」ということはせず「頑張らない」ことにしました。

具体的に説明すると、月曜日はリラックス効果の高いヨガのクラスを受けるようにしています。

おすすめは「陰ヨガ」。

陰ヨガとは、一つのポーズを長く行うようなヨガです。

難しいポーズもないので、しっかり自分の内面と向き合うことができるのです。

体の力が抜けると、副交感神経が優位に働き、どんどんリラックスモードに入っていくのがとても気持ちがいいんです!

疲労回復効果も抜群で、終わった後は体の周りに張り付いた「疲労」の塊が剥がれ落ちるような感覚。

心もリラックスしているので、シャキっとします。

「さぁ!今週も頑張ろうかな」という気持ちが沸々と沸いてくる感じ。

もちろん、陰ヨガでなくても、自宅でゆっくりとストレッチをしたり、あおむけに寝て深い呼吸をするだけでも、リセットできるのでおすすめです。

ただ、何もしないで、ゴロゴロしているだけでは、なかなか体も心もリセットできません。

ポイントは、「何もしないのではなく、頑張らない」こと。

体の内面の声を聴くように、ゆっくりと体を動かしてみてください。

この方法を取り入れてから、月曜日が来るのが楽しみになりました。

そして、また次の週末の楽しみにに向けて頑張ろう! という前向きな気持ちになれています。

私のリフレッシュ&健康法、ぜひ試してみてください。

人気の体験記:疲れた時はハイジになったつもりで── 私のとっておきのリラックス法/中道あん

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP