同居して十数年。最近、鼻歌でも歌でもない「何か」を口ずさむようになった義母が気になる...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:きたいしない
性別:女
年齢:45
プロフィール:義母と同居して十数年。子育て・仕事・家事と、あわただしい毎日を送っています。

23.jpg

義母と同居して十数年が経ちます。

マイペースな義母と神経質な嫁(私)の暮らしは、私が勝手にストレスをためるばかりです。

例えば、義母は気をつかって洗濯物を入れてくれたり、子どもたちの散らかしたおもちゃを片付けてくれたりします。

それはうれしいのですが、「なぜこんな奇妙な畳み方?」と思うような洗濯物がそこに。

おもちゃは片付けたはいいけれど、どこに片付けてくれたの?

いくら探してもみつからないのです。

私も子どもたち見つけられず、探し当てるのにいろいろ物を出して、余計に散らかってしまうこともしばしば。

そして最終的に、義母に聞いても「どこだっけ?」と......おーい!!

もちろん、とってもありがたいことなので、これには日々感謝しています。

神経質な私が勝手に私のルールと違うからとイライラしてるだけ、とわきまえて精進しているつもりです。

そしてそんなときの義母、私が他の家事をしながら横目でチラリと見ると、なんだかとっても嬉しそうな顔で、鼻歌を歌いながら洗濯物を畳んだりしています。

義母は若いころ、地方ラジオの勝ち抜き歌合戦に出演し、なかなかいいところまでいった経歴があるらしく(これは義母の自慢でよく聞かされます)、確かに歌はうまいんです。

テレビから流れてくる歌が自分の知っている歌だと、口ずさむのではく、必ず本気で唄います。

そのとき周りに誰がいようとお構いなし。

むしろあっぱれです。

しかし最近の義母、鼻歌でも本気の歌でもなく、何かをずっと口ずさんでいるんです。

何なのかはわからず、初めのうち気にも留めてなかったのですが、どうやら歌ではない? 

なにか話している? やっぱり歌? のような音でナゾは深まるばかり。

耳を澄まして聞いてみようかとも思ったのですが、イヤイヤ、そこまでして「何か」を調べるほどでもないとスルー。

ですが、毎日のことだから気になるんです!

聞き取れないけど、何かは言っている。

人に聞こえる声の大きさで、ずーっと......。

もう気になって気になって仕方がなくなってしまいました。

そこで、一度義母に聞いてみたんです。

「お義母さん、何か歌ってるんですか?」

「あー......(照れくさそうに笑う)」

沈黙。

その後、この質問には答えてはもらえませんでした。

うわーーー! ナニコレ!!

義母が洗濯物をたたんでいたり、何かを片している時に聞こえてくる「音」。

前よりももっと気になって仕方がなくなってしまいました。

人気の体験記:「ばあさんのためなのに!」イライラをぶつけた義母に、逆に教えてもらったこと/なとみみわ

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP