40代、共働き夫婦の私たち。「旅行に連れてって~、ママのおごりで」という浪費家の夫にイラつく日々

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:あまおう
性別:女
年齢:42
プロフィール:子どもが少しずつ手を離れてきており寂しいです。

14.jpg

夫婦共働きで小学生の子供が二人います。

お給料は主人より100万円程低いですが、正社員なのでそれなりに稼げています。

それでも今のご時世、なにがあるか分かりませんし、子ども二人の大学費用をだしてやりたいのです。

だから、手取りの85%を家に入れて、余った分は貯金、そして残りの給料の15%をお小遣いとして使っていいことに夫と決めました。

私の残りの15%は「ほぼ貯金」に回しています。

美容院代や洋服に使うこともありますが、「安いものでも満足できる」性格なので、使い過ぎるということはありません。

おかげで貯金は溜まる一方です。

しかし、全く正反対なのが旦那です。

旦那は全く貯金をせず、あればあった分だけ使ってしまっているようです。

しかも、その使い道が友達との飲み会や、ちょっと高いブランドの服、カーグッズなどなど。

私から言わせると、飲み会は必要としても「それ以外本当に必要?」と言いたくなるようなことばかりです。

「この間も似たようなもの買ってなかったけ?」とか「安い店で買ったら2000円程度の服を一万円で買ってくるなんて...」などはしょっちゅう。

正直、見るたびにイラつきます。

最近、ニュースで奨学金の話をやっており「うちは足りるかなぁ」と私がぼやくと、旦那から「ママの貯金があるじゃん」と軽く言われました。

確かに、私は「何かあった時や、何かしたい時のためになれば」と思って貯金をしています。

ですので旦那の言う通りなのですが、「あなたに言われたくない!」と思ってしまいます。

旅番組を見ていると「ママのおごりで旅行に連れてって」だとか「外食したいけど、俺の小遣いはもうないんだよねー」と言ってきます。

長女である私と四人兄弟の末子である旦那。

甘え上手ということもあり、うまい具合に私に話してきます。

その度に「私を頼るな!」と思ってしまいます。

夫も貯金する楽しさが増えればやるのでは? と思い「自分で貯金して」と言ってみました。

しかし「今を楽しまなくちゃ」と言い切り、遊び惚けています。

他にも「子どものために使ってあげてみてよ」と提案しましたが、買い物にいった時にお菓子を買う程度しかしてくれません。

お金はあくまでも自分のために使いたいようです。

毎日お仕事を頑張ってくれているのは分かりますが、「貯金もして欲しい」というのが私の希望です。

まるでアリとキリギリスのキリギリスを見ているよう。

どうしたらもっと貯金しようという危機感を持ってくれるかが知りたくて、ネットで検索をする日々です。

人気の体験記:お金を粗雑に扱う息子に提案した「おつり貯金」が予想以上の大成功に!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP