「お出かけ大好き」で活発な私も46歳。最近疲れっぽくなって...あれ?「元気な老後」のイメージと違う

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ハッピー
性別:女
年齢:46
プロフィール:46歳の子持ちパート主婦です。

7.jpg

活発で好奇心旺盛な私は、習い事、買い物、グルメ、美術館、コンサート、映画、色んな所へ出かけるのがとても楽しみです。

子供を連れて、そして夫や友人と一緒に、たまには一人でどこへでも出かけます。

子供が独立してからはもっと行動範囲を広げて色々なことを楽しみたい! 

そう思っていたのですが、最近は「そんな元気な老後はないのではないか?」と思ってしまうほど疲れやすくなってしまいました。

雑誌やインターネットで話題の飲食店や洋服屋を見つけては行きたいな、と出かけるのです。

しかし、人混みがあると途中で頭がフラフラしてしまいます。

目的地までまだ到着してなくてもぼんやりしてしまい、集中できません。

電車で出かけ、何度も乗り換えて行く過程などもすごくワクワクして好きだったのに、乗り換えするのがもう面倒に思ってしまいます。

一日にいくつもの話題の店をめぐって写真におさめたり、品定めしてはまた元の店に戻って買い物したり......。

そんなスタミナあふれる日々はどこへ行ってしまったのやら。

出かけてもやっとの思いで帰宅したらソファーで横たわって、いつの間にか寝てしまい、夕方起きて家事をして、また夜はテレビを見ながらうたた寝です。

ドラマを見るのが好きで、いくつものドラマを録画して見ては内容にドキドキしていたのに、その体力も気力もなくなりました。

少しの間寝ると元気が出るのですが、ずっと遊びまわる体力がなくなってしまったようです。

家族でドライブを楽しんでも景色を楽しむどころか車中ではウトウトして、あっという間に目的地に到着です。

そしてまた帰りの車中でウトウト。

40代後半ともなるとこんな感じなのでしょうか?

近場でゆっくりと友達とお茶しておしゃべりする。

そんなのはつまらない、どこか遠くの話題のにぎやかな所へ行きたい、と今までは思っていたのですが、今はゆっくりのんびりした時間がなんだか心地よくなりました。

そして昼寝が至福の時間になっています。

周りにはお元気でよく出かけている高齢者はたくさんいます。

自分の未来もそんな感じだろうなー、と想像していたけれど、そうではないかもしれません。

最近は、あそこにも行きたいな、あの店も気になるなーと頭で想像しながらなかなか実現しない日々です。

人気の体験記:熱中症で救急搬送!炎天下なのに散歩に出かけた高齢の義両親/山田あしゅら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP