職場で「あの人とはオーラの相性が悪い」って...。占い好きの54歳同僚がしんどい

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:サバンナ
性別:女
年齢:50
プロフィール:夫、子供がいて、契約社員で働いている主婦。

32.jpg

占いや神秘的なことが大好きな同僚がいます。

その日のラッキーカラーやラッキーアイテムを常に意識した洋服を着る、持ち物を持つ、ラッキーフードを食べるぐらいの女の人は大勢いますが、彼女は占いに頼り過ぎ、行動が度を超えています。

彼女は54歳のバツイチなのですが、中身はまるで少女のようです。

沢山の占いアプリやサイトを常にチェックしていて、占いで「今日は笑顔が幸運を呼ぶ」と書いてあれば、一日中ハイテンション。

逆に占いに「今日はクールな雰囲気が幸運を呼ぶ」と書いてあれば、1日中クールな女性を演じています。

そのくらいは、周囲も多少うんざりしながら適当に合わせていましたが、困ってしまうのは風水にもはまっていて、何か困ったことが起きると、部屋の方角が今の自分には合わないと決めつけて、急に引っ越しを思い立つようなのです。

思い立つとすぐに行動を起こさないと気が済まず、急に数日間休むため、人数ぎりぎりな職場はシフトの組み直しで大変です。

休みの件は上司が注意をしたのですが、逆ギレ気味に色々な言い訳と、自分に都合の良い事ばかりをまくしたて大騒ぎになり、それからは上司も面倒くさいので、見て見ぬふりの状態です。

他にも困っているのは、彼女が信じている中で特別影響を受けている「オーラの色」。

生年月日などの簡単な情報でオーラの色がわかるらしく、社内の人達に生年月日を聞き、「自分が関わると得するオーラの色を持つ人」「関わると損するオーラの色を持つ人」とを分けるようで、態度が変わるのです。

自分と相性が良い色の人達には、とても親切なのですが、相性が悪い色の人達にはこれみよがしに冷たくなります。

その上、相性が悪いのが若い子だと意地悪までするので、新しく入ってきた子などは辞めてしまうこともありました。

周囲がそれとなく注意すると、お決まりの逆ギレが始まり、手がつけられません。

そして一番迷惑を被っているのは、仕事上に占いを持ち込むこと。

仕事を頼むと「今日はこの業務では私の力が発揮できないと思います。違う業務にしてもらえませんか?」と言ってくると上司も困惑しています。

先日は彼女の発注ミスで、社内だけでなく取引先にも大変な迷惑をかけてしまいました。

この時も彼女は「この業務はこの日の占いによるとミスをするかも、と伝えていた。なのに課長に受け入れてもらえなかったから」と。

さすがにこの言い訳はありえないと、周囲の人達も徐々に彼女と関わらないようにし始め、現在彼女は孤立し始めていますが、当の本人は相変わらず占いに忠実に従っているようです。

そのうち、この職場は運気が下がると言い出すのでしょうか......。

人気の体験記:それじゃ幸せになれないから! 努力や感謝もせず、自分の都合のいい占いだけを信じる妹

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP