私が風邪で寝込んだとき、洗い物をしてくれた義母。でも回復後、思いもしないひと言が...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:きたいしない
性別:女
年齢:45
プロフィール:結婚して15年。義母と同居しています。

20.jpg

義母と同居して十数年が経ちます。

その月日とともに年齢を重ねた義母は、体調をくずすことが増えてきました。

もちろん年のこともありますが、それだけではありません。

義母の実娘(私よりも歳上)には障がいがあり、義母はその介護を担っているのです。

義姉の身の回りのお世話は一生続くもの。

義母は先の見えない苦しさ、疲れをずっと抱えているのでしょう。

実の娘とはいえ、一生続く介護をしている義母には頭は上がりません。

もちろん、私たち夫婦も義姉のこと、義母のことはフォローはしています。

ですが、義姉に関しては、義姉自身がやはり母親でないと......というところがあるので、私達ではうまくいかないことも多く苦戦しています。

義姉のことができない代わりに、家事は私がすべて行い、義母は義姉の介護に専念できる形を整えています。

そして私のこと。

私も年齢とともに身体が悲鳴を上げていますが、大病もなく、ありがたいことに数年に一回ほどしか風邪を引きません。

しかし先日、数年ぶりに寝込むような風邪を引いてしまいました。

うちには育ち盛りの子どもたちがいるので、いくら体調を崩し動けなくても、子供たちに何かしら食べさせないといけません。

その時は、主人の仕事が早く終わったので、ありがたいことにササッと作ってくれました。

主人は昔、厨房でアルバイトをしていたので、料理はできるのです。

ただ、片付けはできない人。

料理をしたあとのキッチンはまあ大変なことになってます......。

アルバイト先で片付けも教わったとは思うのですが、その時もキッチンは使いっぱなし、荒れっぱなしでした。

ですが、私も具合が悪く動けません。

どうしようもないので、食後の片付けは私の体調を見ながらと思い、とりあえず睡眠を最優先。

起きた後に対応しようと後回しにしたのです。

そんな時、うれしいことが起きました。

大変なことになっているキッチンを見た義母が、後片付けをやってくれたのです。

ここ最近は「体調が悪いから......」と、義姉のお世話以外の家事は一切やっていなかったので、驚くと同時にとても助かり、嬉しく思いました。

しかし、その数日後。

体調がよくなった私に、義母から思いもしない一言があったのです。

「体調の悪い私に洗い物させて...。体調がもっと悪くなったわ」

ショックでした。

私が体調を崩すのはごくまれなことです。

それすらも許してもらえず、こんな言葉をかけられるなんて......。

手伝ってもらって嬉しく思ったのに、こんなことになるなんて......。

そのとき受けたショックと絶望は忘れられません。

これなら這ってでも後片付けすればよかった......と心底思いました。

人気の体験記:お義母さん、この茶碗蒸し腐ってます! 義母が作る手料理が怖い

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

小言を言うならしなくて良かったのにってご主人(息子)から言わせないと。 そしてご主人にも反省してもらう。
お嫁さんが居なければ、毎日食事を作って洗いものをしなければならないのに。嫁は家事でも介護でもやって当たり前。ホント悲しい。でも、ご主人や子供はきっと分かってくれ、苦労が報われる日がやってきますよ。でも、悲しい気持ちは伝えないと伝わらないので、きちんと言葉にして、コミュニケーションしていきましょうね。ご自愛ください。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP