恒例の持ち寄りパーティ。いつも少~ししか持ってこずバクバク食べる40代後半の友人にモヤモヤ

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ノンタン
性別:女
年齢:52
プロフィール:朝から数独解いてたら外が暗くなっていた。

13.jpg

40代後半、独身の友人A子がいます。

我が家では年に数回友人たちを集めて「持ち寄り宴会」を催します。

「友人の友人」が来たりするので、その都度メンバーは変わるのですが、A子だけはほぼ毎回参加しています。

手作りのお惣菜を持ってきてくれる人や、「忙しいから」とデパ地下でなにか買ってきてくれくる人もいます。

アルコール類も「自分が飲む分を持ってくる」のが基本で、もちろん我が家でも料理を数品とビールやワインなども多めに何本か用意します。

皆、大抵食べきれないほどの料理やアルコールを持ってきてくれるのですが、A子だけは毎回「え? それだけ?」という量しか持ってこないのです。

だからと言ってA子は少食なわけではなく「誰よりも食べて飲む」ので呆れてしまいます。

飲み物も、自分はいわゆる第二、第三のビール的なものを数本持ってきただけなのに、他の人が買ってきたプレミアムビールをゴクゴク。

みんな何十年来の友人なので、勝手知ったる他人の家。宴会は冷蔵庫も自分で好きに開けて、飲みたいものを取るスタイルです。

もちろん皆、誰も注意して見ていないのですが、翌日残っているのはA子が持ってきたビールだけだったりします。

時々毒舌の友人から「A子、今日は何持ってきたの」と聞かれたり「人の持ってきたものばっかり食べてるな」などと冗談交じりに皮肉られてもA子はまったく平気で、「だって人が作ったものの方が美味しいんだもの」と笑っています。

このA子のセコさは、我が家での宴会に限ったことではありません。

外で飲むときも酔っ払ってお金を払わずに帰ることがしばしばあります。

慣れた友人はちゃんと後日きっちり取り立てるのですが、初めて飲んだ子などから「こないだA子に払ってもらってないけど、なんか言いづらい」と聞くこともしばしば。

「もうアラフィフなんだし、払うべきお金はちゃんと払えよ」と思ってしまいます。

私も時々面と向かって注意するのですが、全然悪びれず大笑いしながら「酔っ払って何にも覚えてないんだもん」と、あっけらかんとしているのです。

いつも陽気で明るい子なので、悪気はないと思うのですが、金払いの悪さは年々ひどくなっていってる気がして心配です。

友人の中には「飲み会にA子を誘うのいやだ」という子も増えていて、昔からの友人である私はなんだかいたたまれない気持ちになります。

彼氏も長年いなくて、寂しいのかもしれませんが、毎日のように飲み歩いているA子の噂を聞くと、こんなんで大丈夫なのかとモヤモヤ。

気になって仕方がありません。

関連記事:あなたの思い通りに動くのが「友達」?あまりに身勝手な友人と、ついに縁を切ってスッキリ!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP