我が家に持ってきてくれた手土産を...割り勘!?お金を使いたくない友人にあ然

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:くわりん
性別:女
年齢:49
プロフィール:海外旅行の好きな独身OL。

8.jpg

私の友人の一人に、お金に細かいというか、お金を使うことが嫌いな人がいます。

例えば一緒にタクシーに乗ったとします。そのときの支払いは当たり前のように同乗している私になります。あとから考えると、タクシーに乗る前から計算していたのかもしれませんが、先に私がタクシーに乗るように自然と体を誘導させられます。あとから乗った友人は、目的地に着くと先に降りてしまう為、決まって支払いをするのは私になるのです。しかもタクシーから降りたあとに、「いくらだった? 半分払うから」という言葉は一切なく、友人はそのまま平然として歩いていってしまいます。最初は、忘れただけかな?と思っていたのですが、その後何度かタクシーに乗ったときも同様のことがあった為、多分確信犯です。

もちろん、私のほうから誘ってタクシーに乗ったのなら、私がタクシー代を支払うのは当然だと思います。ですが、大抵タクシーに乗るときは、友人が「この距離だとタクシーだね」と決めているのです。そして、毎回私が支払うのを当たり前のように思っている......これが不思議です。

大人として、こちらが言わない限り払うことはしないという精神が、私にはよくわかりません。多分、そのくらいお金を払いたくないのだと思います。

そんな友人とのエピソードのなかでも一番びっくりしたのは、わが家にその友人ともう一人の友人が遊びに来たときでした。

はじめてということもあったからか、甘いお菓子やフルーツなどを買ってきてくれました。私はてっきり手土産として持ってきてくれたと思っていたのですが、実は、3人で食べるお菓子を買ってきただけで、「一人○○円」とお金の請求をしてきたのです。正直なところ、これにはあ然としました。わが家には友人が何人も来ますが、そんな風に持ってきたお菓子の代金を請求してきた友人がいなかったからです。一緒にきた別の友人も、「え?」という顔をして、申し訳なさそうにしていました。
もちろん、あらかじめお願いしていた場合や、パーティー用の買い出しの場合なら皆で割り勘にします。しかし、こんな風に請求されたことがなかったので、本当にびっくりしました。
考えてみれば、買ってきたお菓子はどれも3等分できるようになっていて、フルーツのリンゴに関しては、一人1個と決まっていました。簡単に3等分でき金額もわけられるようにするためだったのですね......。
このように等分にわけたので、食べきれなかったお菓子などは各々持ち帰り、まるで遠足のような感じでした。

今更性格は治らないと思いますが、このまま同じようなことをしていけば、私の友人はお金で苦労するか、お金で大切な人を失っていくような気がしてしまいます。

関連記事:「年収1000万円なのにケチな夫にうんざり」立木ミサの夫婦の相談室

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP