「友人の発表会に代わりに参加して。会費は3000円でいいから」という先生にモヤモヤ

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:みさよ
性別:女
年齢:52
プロフィール:52歳、兼業ライターの主婦です。仕事相手のA先生(女性65歳)にモヤモヤしています。

12.jpg

2カ月ほど前、A先生の本の執筆を手伝う仕事を請け負いました。

A先生は、ご自身が専門とする業界では有名人でしたので、初顔合わせの席ではコチコチに緊張しました。

そのためアイスコーヒーがなみなみと入ったグラスを倒してしまい、テーブルをアイスコーヒーまみれにしてしまうという失態をおかしてしまったのです。

「も、申し訳ありません」と慌てる私にA先生は「そんなに緊張しなくていいわよ、気楽にやりましょうね」と穏やかにほほえみ、自らテーブルを拭いてくれました。

ああ、気さくで優しい方なんだな。

この方となら、楽しく仕事ができるかもしれない、私はそう思いました。そのときは、確かにそう思ったのです。

A先生はとてもオープンな性格で、生い立ちに始まり、現在の家族構成、好きな食べ物、好きなタレント、ご主人様の愚痴とノロケまで実にあっけらかんと語り、その巧みな話術と相まって私の目にはとても魅力的に映りました。

気配りもできる方で、顔を合わせるたびに「ちょっと出かけたからお土産」と、クッキーやチョコレートが入った小袋を渡してくれます。

「いつも手伝ってくれてありがとうね」と、ねぎらいの言葉を忘れません。

だから、A先生から「お友達との飲み会に、あなたを連れて行くと約束しちゃった」と勝手に参加を決められたときも、「決める前に一言相談してくれれば」と不快には感じつつも、「私が断ればA先生が恥をかく」と今回限りのつもりでオーケーしました。

A先生以外は知る人もなく、しかも10歳以上も年上の方ばかりの飲み会は、楽しさよりも気疲れのほうが遙かに大きかったです。

宴がお開きとなったときには、かつてないほどの安堵感が広がりました。

会費も7500円と、私には痛い出費でした。

「お金も気も遣わせて悪かった」とA先生も思ってくれているだろう。そう信じて疑わない私に、A先生は笑顔で言いました。

「楽しかったでしょ。次は幹事をお願いね」

初めは冗談かと思ったのですが、A先生は具体的な日にちと店の名を挙げ「これで段取りを組んでね」と、当たり前のように言い放ったのです。

参加だけでも嫌なのに、幹事などとんでもない。

酔いが一気に冷めた私は、やんわりと断りました。A先生を怒らせても構わないと思いました。

意外なことにA先生は、「あら、そうなの」とあっさり引き下がりました。

ですがとても傷ついた顔をし、何だか私が悪いことをしたような気持ちにさせられました。

これで気まずくなるかもと心配したのですが、A先生は特に気にした風もなく、その後も仕事は順調に進みました。

しかし、ほっとしたのもつかの間、数日後、A先生は感じのよい笑顔で1枚のチケットを差し出しました。

「お友達の踊りの発表会なの。私は忙しいから、代わりにあなたが行くって言っておいたわ」

なんとか「いや、私だって忙しいよ」という言葉を何とか呑み込んだ私に、A先生はさらに続けます。

「チケット代、3500円だけど3000円でいいわ」

無料でも嫌なのに、お金まで取られてはかないません。私はきっぱりとお断りしました。

このときもA先生は「あら、そうなの」とあっさり引き下がったのですが、信じていた人に裏切られたような、そんな悲しそうな顔をしました。

その後も懲りずに、旅行だとかコンサートだとかの参加を勝手に決めてきては、私に断られ、傷ついた顔をするというパターンが繰り返されています。

誰に相談しても、A先生が悪いと言います。

それでも、断るたびに悲しそうな顔をされると、自分が悪人のような気持ちにさせられ、モヤモヤが募るばかりです。

関連記事:予定を簡単に変更する、気まぐれな義母。私たち家族はいつも振り回されてモヤモヤ

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

そういう人いる!人の都合をまるっきり無視して自分の都合のいいように決めちゃう人ね。でも、ハッキリ出来ないって言えてエライわー。絶対にA先生がおかしいと思うから、これからも相手に利用されないでね。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP