主人が見たこともないほど大激怒!家族全員が反対する相手に惚れ込む義母...

<この体験記を書いた人>

ぺンネーム:きたいしない
性別:女
年齢:44
プロフィール:結婚して十数年。義母と同居しています。

9.jpg

義母と同居して十数年が経ちます。主人の父(義父)は、20年前に他界しました。

その後、義母は再婚はしていませんが、おつき合いをしている男性がいます。私が主人と結婚する前からの交際なのでとても長くなるのですが、主人だけでなく、義姉2人もその交際を反対しています。

義姉に聞いた話です。まだつき合い始めのころから義姉たちにもなれなれしく話しかけてきた男性。話し方もそうですが、ボディタッチもあったんだそう。

義姉は「やめてください」とはっきり言ったのでボディタッチはなくなったものの、なれなれしい話し方はそのまま。二度と話しかけてほしくないと思った義姉は、義母に彼と話すのは気分がよくないことを伝えました。

しかし、義母と一緒にいるときにその男性から電話がかかってくると、義母は突然電話をかわって、その男性と義姉に話をさせます。こちらは話すことなんてないのに、です。その男性が義母に「電話をかわれ!」と言っているようで、義母もそれに従っているようなのです。

もっと嫌なのは、義母がその男性を勝手に家の中に入れてしまったりすることです。

そもそも、義母とその男性が出会ったのは、家の修繕工事。その男性は建築関係のお仕事を自営でやっていて、家に欠陥があり困っていた我が家につけ込み、義母に言い寄ってきたそうなのです。それからも、ことあるごとに家の修理と見せかけて家の中に入ってきていました。
義母だけで住んでいるならまだしも、うちには義姉・主人と私、子どもたちも一緒に住んでいます。家に帰ってその男性がいると本当にぞっとします。近所の人からも「あの人はだれなの?」と不振にみられる始末です。

その後、我が家は家の欠陥、老朽化のため3年前に建て替えをしました。そして、義母とはその男性を家には絶対に入れないという約束を交わしました。それまでも約束をしていたのですが、何度も破られていたのです。でも、今度こそは......と信じたのですが......。

結局義母は内緒(のつもり)でその男性を家の中に入れてしまいました。

これには、主人が大激怒。見たこともない勢いで怒り、また「その男性に電話をしろ! 話をするから」と義母にいいました。ですが、義母は平謝りで、その男性には電話をすることはしませんでした。

義母はその男性に惚れ込んでしまっているので、家族の言うことよりも、その男性の言葉を信じてしまっています。このように家族誰もが賛成していないのに、懲りずにつき合っている義母に本当に驚かされます。

義母は、その男性から電話がかかってきたことを家族に気づかれないように、その男性の電話番号を女性の有名演歌歌手の名前で登録しています。ですが、我々はそれを知っています。嬉しそうに「〇〇さん(登録した演歌歌手の名前)から電話だわ~」と出て話しをしている義母を見るとモヤモヤしてしまいます。

関連記事:買い物やランチまで...友人にせがまれ車を運転する75歳の母にハラハラ

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP