冷え性が年々悪化! 夏でもレッグウォーマー必須な生活から抜け出したい

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:FINE
性別:女
年齢:56
プロフィール:中肉中背、太っていないけど痩せているわけでもない普通のおばちゃんです。

16.jpg

冷え性を意識しだしたのはここ5年ほど。それまでも冷え性だったと思うのですが、子育てに介護、自分のこと以外にいろいろ忙しく、自分の体に向き合う暇もありませんでした。冬の季節が寒いのはいつものことで、使い捨てカイロは毎年箱買い。でも、それを暑い時期にも時々使うようになったのはここ数年のことです。年を重ねるとなんでもそうですが、気づくとこんなことになっていたみたいな感じで、随分と冷え性が進んだような気がするのです。

若いころは素足にサンダルもOKだったのに、今では素足なんかは耐えられません。夏はどこもクーラーがきつく感じ、出かけるときに上着を忘れると凍えて大変な思いをします。それがスーパーなら買い物も早々に切り上げさっさと退散。ゆっくり商品を眺めながら買い物なんてできません。

実は私は若いころから寒がりでした。OL時代に「弱冷房車」の表示がされるようになり、「弱冷房車」の表示の車両を選んで乗っていたことを思い出します。あのころはストッキング生活だったからスカートでも問題なく乗り切っていたのでしょうか。今となってはわかりませんが、最近では冠婚葬祭以外にストッキングをはくこともなくなり、気づくとスカートよりもパンツ。カジュアルなズボン系ばかりをチョイスするので、すっかりお洒落からも遠ざかっています。

私は若いころから上が80台、下が40台という低血圧。今から思うと、血圧がいわゆる正常というエリアで収まっていたのは妊娠していたころと更年期だったころしかないかもしれません。心拍数も少なめだったので、会社の健康診断では「生きてる?」なんて同僚や先輩にからかわれたりもしました。ですが、特に辛いとかそういうこともなく、朝から駅まで走ることも苦ではなかったように覚えています。最近になって時間的に余裕が出てきたこともあり、なにげなく血圧を測るようにしたら、やはり毎日が低血圧。友人に話すと「(血圧が)高いのは良くないけど、低いから大丈夫というわけでもないみたいよ」と。どうやら冷えと関係してるというのです。

気になって生姜を多く取り入れた食事をしたりヨガを始めたりしているのですが、一向に冷えは改善されません。もちろん血圧も。手足の冷えはリストウォーマーとレッグウォーマーで何とか対応。腰の冷えは腰痛、肩の冷えは肩こりを招くので常に冷えないように気を遣います。お尻の冷えの自覚症状はありませんが、陽を浴びたベンチなど暖かいところに腰掛けると何気にホッとしたりします。なのでこちらも随分と冷えているようです。

「年をとったら冷えるのよ」、そう言って叔母さんが礼服をズボンに代えていたのを思い出します。やはり年をとると冷え性になるのかと妙に納得です。私の場合は、もともとの冷え性も手伝ってかさらに冷えを強く感じるのでしょうか。

いまのところ特に大きな病気をすることもなくとりあえず健康のようですが、こんなに冷えていてもいいのでしょうか? 数年間、ご無沙汰状態の健康診断、今年こそは行こうと思っています。

関連記事:冷えはNG!エネルギーの源「腎臓」を元気にする5つのポイント

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP