これが老化!? 老眼、白髪、抜け毛、体調悪化......気持ちにも徐々に変化が

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:すずらん
性別:女
年齢:44
プロフィール:40歳を過ぎたころから、歳を取った事を実感する事が多くなりました。

6.jpg

43歳を過ぎたころから、携帯や本を読むときに少し遠ざけてピントを合わせていることに気がつきました。これがもしかして老眼の始まり? そう思いながら、たまたま結膜炎で眼科を受診した際に医師に相談したら、「それ、老眼です。これからひどくなる一方です。老眼は良くなりませんから」とかなり冷たい言い方をされてしまいました。わかってはいたけれど、突き刺さるような口調で言われたものですから、もう少し言い方はないのかな?とちょっと頭にきたのを覚えています。そのときはまだ初期だからとコンタクトの度数を下げ、少し遠くは見づらいけれど手元は見やすくなるという状態で様子をみることになりました。
その後、しばらくは遠ざけてピントを合わせることはなかったのですが、半年ほどしてから、また無意識に手元を少し遠ざけピントを合わせている自分がいました。前よりも症状がひどくなっているような感じもします。ちょうどそのときに人間ドックを受診し視力をはかったのですが、前年より極端に視力が低下していることが発覚。まさか、自分が眼にこんな悩まされるとは思ってもいなかったので、愕然としました。

そして、老眼に振り回されるのと並行して、様々な変化がみられるようになりました。

まず、白髪が極端に増え、それに加えて抜け毛も多くなりました。これからどうなってしまうのか恐怖におののきました。また、仕事に対する姿勢も変わった感じがしています。今まで「できません」と言う前にまずはチャレンジすることが多かったのですが、そのような気持ちになれないのです。新しいものが億劫に感じてしまいます。また、無理をするとすぐに体調を崩しやすくなりました。

昔、テレビを見てつまらないと言っていた母の気持ちがわかります。私も今は何をみても楽しいとかワクワクするといったことがありません。そして母が40代中盤を迎えた頃、いつもなら親子喧嘩に全力でぶつかってきてた母の勢いがなくなり、丸くなったと感じたことがありました。私は当時の母と同じ状況なのかもしれません。

歳を重ねていくことは避けられません。この加齢による変化をマイナスにとらえずにすごしていくしかないのでしょう。白髪もいっそ染めずに「グレイヘア」にして楽しんでみたり、老眼鏡もおしゃれなものかけてみたり......。その年齢、そのときを楽しむくらいの気持ちで、ゆっくり、じっくり丁寧に歳を重ねていきたいもんだなと今は思っています。

関連記事:「まぶたの端がたれて開きにくい・・・」ただの老化と思って大丈夫?/高谷典秀先生「なんでも健康相談」

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP