義姉から出産祝いの倍以上の内祝いが... あなたは嬉しい? それとも迷惑?

結婚や出産など、人生の晴れ舞台に立つときに贈る「内祝い」。お祝いをしてくれた人に対して、そのお返しを贈る習慣を指します。お互いが祝福し合う大変喜ばしい祝いごとですが、中には"内祝い"が原因でモヤッとしてしまう人も...。

190527_utiiwai_01.jpg


内祝いが出産祝いの倍以上でモヤモヤ...

以前に5,000円程度の出産祝いを義姉に渡したという女性は、先日その義姉から内祝いを貰ったそうです。しかしその中身は、数万円分の商品券。予想以上に高額な内祝いに対し、彼女は「普通、お祝いの半額程度が内祝いのマナーですよね?」「高額すぎる内祝いは本当に気を遣うので困る」と心の内を吐露しています。

彼女の意見はネット上で賛否両論あり、今回の件に同情する人からは「そこまで高額だと、別にお礼を贈った方がいいのか、色々考えちゃうね」「今後こっちから義姉にお祝いを渡すときは、毎回何をあげるかで気を張りそう」といった声が。

しかしその一方では、「そんなに大げさにとらえなくても...」「私なら有難くいただきます。これから義姉にお返しする機会はいっぱいあるだろうし、今回は『ありがとうございました』でいいのでは?」「せっかく善意で贈ってくれたのに、お義姉さんが可哀相」という意見も相次ぎました。

また内祝いエピソードの中には、こんなお悩みも。以前身内に出産祝いをあげたという女性は、半年経っても未だに"お返し"が返ってきません。もちろん内祝いが欲しくて渡したわけではありませんが、包んだ金額も少なくなかったのでモヤモヤしているといいます。

彼女の不満について、世間からは「わかる。友達にお祝いを渡したらお礼がLINEのみだった」「そもそも相手は内祝いそのものを知らないのかも」「私は金銭関係で揉めたくないので、『お返しはいらない』と言ってお祝いを渡す」などのコメントが数多く上がっていました。


おばたのお兄さん&山﨑夕貴さんが贈った"内祝い"とは?

"内祝い"エピソードは他にも存在し、時には"芸能人の内祝い"が話題になることも。例えば今年1月、元モーニング娘・保田圭さんが自身の公式ブログを更新。「辻ちゃんから内祝い」というタイトル名のブログには、昨年に第4子を出産した辻希美さんの内祝いが紹介されていました。

辻さんの内祝いは、第4子の出生体重と同じ重さの「お米」。贈られた米袋を抱っこしたという保田さんは、「息子も生まれたときはこれくらいだったなぁ」「懐かしい重さでした」とブログ上で感想を述べています。

一方昨年放送された「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ系)では、お笑い芸人・おばたのお兄さんとその妻・山﨑夕貴さんの内祝いが明かされました。一般的に内祝いは、ご祝儀の半額が相場。ふたりはたくさんの著名人から様々な結婚祝いを貰っており、その中には高級ベッドのお祝いも。

しかしそんなふたりが贈った内祝いは、3,000円程度の「あんこジャム」。番組では「恐怖の一律3,000円ジャム返し」「安すぎるお祝い返し」というテロップと共に、ブーイングの嵐が巻き起こりました。ちなみに高額のお祝いをくれた人には、ジャム以外の内祝いを贈ったそうです。

内祝いの裏に隠された様々なエピソード。皆さんは内祝いが原因で、モヤモヤした経験はありますか?

文/藤江由美


関連記事:「おい・めいの結婚式、親戚の香典はいくら包めばいい? 冠婚葬祭のいまドキ相場を聞いてみた!」

 

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP