惣菜の容器が山積み! 物を捨てられない独り暮らしの母が心配

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:はっぱ
性別:女
年齢:50
プロフィール:実家から車で1時間程の距離に住んでいる子供2人の母です。

14.jpg

父が他界後、20年近く独り暮らしをしている75歳の母は、特売の食料品や日用品などを必要性が低いにも関わらず、安いからという理由でついつい買い込んでしまう習慣が抜けきれません。
昔は家族も多くお客さんがよく来る家だったので、たくさん買い置きをしてもすぐに消費してしまったのですが、さすがに高齢の独り暮らしですので以前と同じような買い方では、家の中に物が散乱してきます。その中でも困っているのが、スーパーなどで買ってくる惣菜の容器です。

一人暮らしの母は当然、毎回の食事も一人。ですので体力もなくなってきてからは、作って食べることがだんだん少なくなってきました。今では手軽なスーパーのお惣菜を購入することがほとんどです。最初は私も一人分だけ料理をするのは面倒だろうと、お惣菜を購入するのは仕方がないと思っていました。ただ、頻繁に利用するようになってから問題が発生したのです。

普通なら、食べ終わったあとの容器は分別してゴミに出すのですが、物が捨てられない母はその容器すらきれいに洗って台所へ置いておくのです。
私が実家へ行くたびに、台所には容器がどんどん増えていき、何年もため込んだ今では調理するスペースも十分とれないぐらい台所が容器であふれ返っています。高く積まれた容器を見て私が「この容器、使わないのであればゴミに出したほうがいいよ」と言うと、母は「もったいない! まだまだ使えるから触らないで」と言います。仮にその容器を使うことがあったとしても、山のように積まれている量は絶対必要がないと説明しても、母は「使うから大丈夫!」と言って容器を捨てる気がまったくありません。

山積みになっている容器を見るたびに、母に処分してほしいとお願いするのですが、まったく聞き入れてくれません。それどころかどんどん増えて、先日は、台所の下にも容器をしまっていました。丁寧にきれいにビニールに入れて。

一人暮らしには十分な食器があるにも関わらず、容器をため込む性格がどうしても理解できません。私にはどこからどう見てもゴミにしか見えないのですが、母にしてみたらゴミではないらしいのです。

調理したおかずをお皿の上に盛り付けせずに、山積みしている容器から1つ取り出して、そこに入れて食べている母。そして、食事が終わったらその容器をきれいに洗って、山積みされている容器の上に重ねます。勝手に捨てると母が機嫌を悪くするので、捨てるにも気が引けてしまいます。

今では容器の件で言い合いするのも気分的にいい気がしないので、ぐっとこらえて容認中です。少し間をあけて、また容器を捨てるように説得できたらいなと今は思っています。

関連記事:自宅がゴミ屋敷状態!「物を捨てられない姑」に困り果てる嫁

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP