26歳、親と同居。ちゃんと暮らすってなんだろう/oyumi

こんにちは。oyumiです。

前回の記事:うちは複雑な家庭。ちょっと変かもしれないけど、変なくらいでちょうどいい/oyumi

2月1_1.png

これからのことはもう年が明けた時に決めてあります。

一人暮らし。実家にいる時間を減らすことです。

親にいつまでも子供扱いされてるのは、さすがに危険すぎます・・・。(上の漫画より)

去年の4月、神奈川と東京の境目に部屋を借りて一人暮らしを始めていたのですが、「暇」だの「湿気がつらい」だの「部屋が狭い」だのとあれこれ難癖つけて、結局実家に戻ってしまったのです。

一応部屋は今も借りてあって、作業部屋やホテル扱いとして月に10日くらい使っています。 アラサーにもなってそんな子供みたいな理由で部屋を放置するなんていかんのでは...と少し焦り、 「暇ならやることを作る」 「湿気がつらいなら除湿機買う」 「部屋が狭いなら引っ越す」 という風に自分で解決をして生きることを目標としていきたいです。

仕事に関する課題や目標は去年も一昨年も作ってやってたんですが、"ちゃんと暮らす"っていう当たり前なことから目を背けて生きてきたので、いい加減現実見ないとなあとひしひしと感じているのです。(なぜならちゃんと生きてこれなかったので)

ちゃんと暮らすとはなんだろう。

家を持つ、借りる(これはクリア)

自炊をする(する時はする)

掃除洗濯をする(できる)

光熱費をちゃんと払う(今のところ遅らせてない)

支払いをちゃんとする(これがかなりできていない。カードは2週間遅れたりする)

人と接する(かなり機会が少ない)

貯金をする(全くできてない)

こんな感じだろうか。

お金の使い方が下手なので、その辺りも課題です。

いつだったか人に「親を安心させるために結婚したい」ということを嘆いたら、「私は親のために結婚なんかしたくないけど...」と返されたことがあって、今もその言葉が頭の中にこびりついているのです。

親と共依存状態だということを指摘されたこともあって、実はこれが結構深刻な問題なんじゃなかろうかとも思っています。

なので、これからの課題は「ちゃんと暮らす」です。

oyumiさんの過去記事はこちら!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

oyumi

2014年よりwebで漫画・イラストのほかコラムの執筆活動を始める。不真面目なものから真面目なものまでいろいろ描いてます。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP